FC2ブログ
大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年02月09日 (土) | 編集 |
wik1.jpg

■2007/1/23日DVD発売 ■ドイツ/アメリカ制作 ■101分

■監督 ・ニール・ラビュート

■出演
・ニコラス・ケイジ(エドワード)
・エレン・バースティン(シスター・サマーズアイル)
・ケイト・ビーハン(シスター・ウィロー)
・モリー・パーカー(シスター・ローズ)
・リリー・ソビエスキー(シスター・ハニー)

■あらすじ■
白バイ警官エドワードは、親娘の乗る車が事故で炎上する姿を目の当たりにして以来、精神的なダメージを負っていた。そんな彼にある日、失踪した婚約者ウィローから手紙が届く。娘のローワンが行方不明になっており、助けてほしいという。今でもウィローを想うメイラスは、一路ウィローの住むサマーズアイル島へと向かった。そこでメイラスは島の人々の不気味な雰囲気と冷たい視線を感じて……。

wik4.jpg

wik2.jpg

■かんそう■
何ですか?・・・・これは・・・・。
「飛んで火に入る夏の虫」 的な映画ですが、なんともレトロチック!!
1973年イギリス映画のリメイクだと知り、納得。

中盤までは、いったいこの島は何? 娘は? エタイの知れない不気味さは感じるものの
顔半分白、青?だったか、ぬったくったオバサンが出た瞬間・・意気消沈(i ゜__ ゜)タラー
イカンイカン、もう映像自体を受け入れられない状態で。

現実に、どこかに、この島が有るかも・・と想像すると恐い気もしますが、あの顔ではねぇ。
オリジナル当時は、ハイレベルな怖さだっとは想像しますが・・ん~今現在では無理。

唯一、次ぎの、お供え物としてジェームズ・フランコを久々に見た事だけが救い。
チョット、お顔にお肉が付いてましたが、まあオーケー。

原作本に勝る映画無し! オリジナルに勝るリメイク無し! 1に勝る続編無し! っー事で
1973年のオリジナルのまま、そっとしておいて、あげたかった・・・以上

好き度 ★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング






スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。