大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年02月29日 (金) | 編集 |
bata211.jpg

■2008/2/22日DVD発売 ■アメリカ制作 ■92分

■監督 ・ジョン・R・レオネッティ

■出演
・エリック・ライヴリー(ニック)
・エリカ・デュランス(ジュリー)

■あらすじ■
恋人ジュリーの誕生日を祝うため、友人たちと4人でドライブに出かけたニック。
しかし、その最中ニックの仕事先から即出社するようにとの携帯電話が入る。仕方なく予定を中止し彼らは車で街に戻るが、その途中で突然タイヤがパンク。そこに大型トラックが衝突し、ニック以外は全員死亡という悲劇に見舞われる。1年後、思い出の写真を見ていたニックを突然、発作が襲う。気がつくと、あのドライブの日に時間が戻っていた…!


bata2.jpg

bata5.jpg

bata4.jpg

■かんそう■
バタフライ・エフェクトでは無く、別映画だと見ればラストまで、見られますσ(^◇^;)
が、タイムトラベラー物だと言う事を知ってるブン、新鮮さ感じず。

大切な者を救いたい。その辺、同じなのですが、今回は写真が引き金となってました。
あ、鼻血ブーも同じ・・・が、量は少なめです←関係無い話ではありますが

2では救いたい人間が、愛する人、そして親友・・なので、エピソードが多くて
1つの事柄に集中できないし・・救いたい人の状況より、ニックの置かれてる
状況の話がメインで、「救いたい」の主題がボケてしまって

何故、こんなにスピードが落ちたのか? 思うに、ラブシーンが多すぎです!!
彼女とのは目つむるとして、浮気相手とのシーンも長すぎるし、ホモおやじまで参戦。
エロティクに、ここまで時間を使わなくてもイイのでは・・何を意味するのか?

何か始まるの?・・と期待すると、ラブでマッタリ、スピードダウン。

バタフライの、別パターンとして見れば、それはそれで有りだとは思いますが
1作目を知ってる以上、やはり面白くて満足できました・・・とは言い難い

新作綱渡り映画2本、「ホステル2」は、落ちずに渡り切りましたが
バタフライは、正直、渡り切れなかった・・・・・(-_-)

好き度 stars-2-5.gifstars-3-0.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング





スポンサーサイト

2008年02月26日 (火) | 編集 |
su111.jpg

■2008/2/20日DVD発売 ■アメリカ・イギリス制作 ■128分

■監督 ・マシュー・ヴォーン

■出演
・チャーリー・コックス(トリスタン)
・クレア・デインズ(イヴェイン)
・シエナ・ミラー(ビクトリア)
・ミッシェル・ファイファー(魔女ラミア)
・ロバート・デ・ニーロ(キャプテン・シェイクスピア)

■あらすじ■
イングランドの、ウォール村に住む若者、トリスタン。ある日、村と外界を遮断する“壁”の外に落ちる流れ星を目撃した彼は、村一番の美女・ヴィクトリアに愛の証としてそれを捧げるため、超えてはならない壁を超え、魔法の世界ストームホールドに足を踏み入れてしまう。すると、彼は一人の美しいイヴェンを見つける。彼女こそが流れ星だと知って大喜びのトリスタンだったが、それはおぞましい力が彼女の追跡を開始した瞬間であった。やがて彼らの前に立ちはだかるのは、永遠の若さを求める邪悪な魔女、権力に目がくらんだ王子達、そして空飛ぶ海賊。2人を取り巻く、運命の闘いの果てに見つかる真実とは… 

su8.jpg

su5.jpg

su6.jpg

su3.jpg

■かんそう■
コメディファンタジー?そおゆう分類の映画だったのですが
やってる事は、結構残酷・・・が、そお思わせない。笑いが有るからだと思う。

魔女3姉妹も、シワシワ老婆なのに、何故かオチャメで可愛かったり
主役2人が、カスムくらい、とにかく脇キャラが濃厚!インパクト強し

ミッシェルの魔女良かった。本性は凄く恐いのに、美容には敏感で
首のタルミ消した途端、胸が垂れる場面なんか笑かしてくれる

デ・ニーロの女装ダンスは、最初アッケに取られて呆然としたけど
プライド捨て、客を楽しませようとする心意気に、座布団3枚!! 5枚はやらないよ

王子達の幽霊も、えらいお気楽で、癒し系・・・・。

1番のお気に入りキャラは、「ヤギ男」。人間の姿で、タオル喰ってたり
ユニコーンに戦い挑んで、吹っ飛ばされる時には、ヤギじゃん!!(^Q^)/゛
もう、バカウケでした・・・良い味出してる。

この猛烈キャラの中、主役2人は、困難を乗り越えラブストーリーしてるんだけど
笑いとシリアスのブレンド具合が丁度良く、テンポも速く、時間イッパイ飽きない。

映像面も、スケールが大きく、迫力のCGで申し分なし。
128分と言う時間を感じさせない映画で、面白くて楽しめました。

一言、ファンタジーだが、小さい子が見たら怖がるかもしれない・・ご注意(^_^;)


好き度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング






2008年02月24日 (日) | 編集 |
hos11.jpg

■2008/2/22日DVD発売 ■アメリカ制作 ■94分

■監督 ・イーライ・ロス

■出演
・ローレン・ジャーマン(ベス)
・ヘザー・マタラッツォ(ローナ)
・ビジュー・フィリップ(ホイットニー)
・ロジャー・バート(スチュアート)
・リチャード・バージ(トッド)

■あらすじ■
ローマに留学中のアメリカ人女子大生ベスとホイットニーは、ホームシックにかかっていたローナも連れ、ヨーロッパ旅行に出かける。美術の時間に出会った美しいモデルのアクセルに、天然スパがあると聞いた彼女達は、行き先を変更しスロバキアへ。3人がチェックインしたのは街のホステル。だがそこは、恐るべき殺人ゲームの入り口だった。その日の夜、ベスたちは祭りに出かけるが、ローナはダンスに誘われたまま、姿を消してしまう…。

hos16.jpg

hos12.jpg

hos14.jpg

■かんそう■
入り、1作目で唯一、逃げ切った兄さんの、その後から始まってます。
彼も仏様になる運命なんですが、その、死に様があまりにも、古い(^_^;) 

そこから、2の本編へと・・・相変わらず、前振りが長いんだよ。いっこうに始まらん。
が、前作から慣れたせいか、こんなもんだろうと妥協。

今回は、買い手側の素性とか描かれ、殺人クラブのオーナーもスクリーンデビュー。
そおゆう話が盛り込まれて為か、前振りに不気味さが無くなった気します。

殺人クラブ側は、秘密のままの方が、恐い気はするのだが
前作で、その不気味さすら感じ取れなかった鈍感な私には、気にならず。

雰囲気が劣った反面、グロ場面の描写は鮮明になってて、ハッキリ見える。
私、ローナの血のシャワーは意外と好きな絵かも

お話的には、善人ぶったスチュアートが豹変するだろうと予測は出来た。
しかし、買い手と商品が逆転するのは、予想外・・世の中お金がモノを言う。

結局、商品だったベスが究極のドSじゃないですか!
ここで、思うに片手にピストル、片手にナイフで首に突き付けるが普通
何故か、片手にニッパー?で、場所はチ○コ。辛い体勢だと思われます。

この辺が、拷問系映画なんだ!と言う監督の、主張とコダワリでしょうか
想像より悪くなく、なかなかの拷問ブリで、私は、1より2の方が好みのタイプ。

一言、ラストで、また古過ぎる、シーンーが・・手軽な手段を1番大切な
序章と結末に使うの、ヤメテほしいな。

好き度 ★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング






2008年02月22日 (金) | 編集 |
さて、今週は旧作DVDの強化週間だったのですが
4本借りて2本しかアップできず、あえなく強化週間終了。

残り、2本は、案の定大ハズレ・・・・アップ出来るような感想も無し
レビューが、2~3行で終わってしまいそうなのでパス。
いくら100円でも、あそこまでハズスと、さすがに辛いものがσ(^◇^;)

で、返却に行ったら貴方、新作で鑑賞したいのが、軒並み並んでて!
2泊3日で、新作3本も借りてしまった・・見れるのか私・・も心配だが
貧乏な私は、レンタル金額も心配事で・・・。

ここで活躍するのが、ポイントカード。今日はTSUTAYAだったのでTポイント。
私の場合は、貯めるだけ貯めて新作に使う事が多い。
それも、これはハズシそうだけど、どうしても新作で見たい・・と言う映画に使う。

今回は、「ホステル2」「バタフライエフェクト2」「スターダスト」の3本。
ホステル&バタフライ見るからに、綱渡り映画でしょΨ(`◇´)Ψ キャハハハ
ポイントを使うと、ハズシ時の心の傷が浅い←大げさなぁ。

しかし、以前テレビで言ってた。

ポイントカードとは、消費者の為にでは無く、お店の為に有るのだと
マーケティングに使われたり、リピーター率に使われたり、おまけに最初から
その分の料金が掛けられた物を買ったり借りたいしてるらしい。

じゃ、貯めない人は、大損って事でしょう?
どおせ、上乗せ料金なら、ポイント貯めなきゃ損だ!ファミマや、GSでもマメに出すべし
不景気の中、メンドクサイと思わず、チマチマ貯めた者勝ちよポイントは

今日は、何の話か自分でも不明・・・綱渡り映画の感想は、又、後ほど(^_^)v

★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング






2008年02月20日 (水) | 編集 |
q1.jpg

■2007/10/24日DVD発売 ■イギリス・フランス・イタリア制作 ■104分

■監督 ・スティーヴン・フリアーズ

■出演
・ヘレン・ミレン(エリザベス女王)
・マイケル・シーン(トニー・ブレア)
・ジェイムズ・クロムウェル(フィリップ殿下)
・シルヴィア・シムズ(皇太后)
・アレックス・ジェニングス(チャールズ皇太子)

■あらすじ■
1997年8月、パリでダイアナが交通事故に遭い、帰らぬ人になった。王家においてダイアナはいつも頭痛の種で、民間人となっていたダイアナの死は本来関係のないことであった。女王はコメントを避けるが、ダイアナを称える国民の声は次第に高まっていく。やがてダイアナの死を無視し続ける女王に、国民の非難が寄せられるようになる。若き首相ブレアは、国民と王室が離れていくことに危機を感じ、その和解に力を注いでいく。

■かんそう■
ダイアナさんの死後10年目に証される真実・・・が歌い文句ですが
これは、チャールズ皇太子&ブレア元首相がタッグを組んで、暴露本でも
出さない限り、にわかには信じがたい

鉄のカーテンが引いて有るような、王室、皇室が公表するはずがない!
半フィクション、半ノンフィクションだと思うなぁ。

女王が流した涙も、ブレア前首相が王室擁護に尽力した事も
信にダイアナさんの為に流した涙だったのか?女王&王室の為だったのか?
それすら、定かでは無い印象受けました。 美談になってるような

個人的には、女王にもダイアナさんにも共感はしない。彼女達は、それぞれの選んだ
道、人生をマットウしただけ。相入れない道だから、しかたが無い。

イギリス国民も、個々の悲しみから、集団の悲しみになってしまってた。
マスメディアの怖さを感じます。 集団心理と言う物は、厄介だよね。
しかし、それだけイギリスを代表する広告塔でカリスマだったと言うの理解できます。

ただ、チャールズ皇太子だけは嫌いだな。自分の保身ばかり
妻であるダイアナさんを盾にし、母で有る女王を盾にし、身を潜めてる

死因の追求や、誰が悪いと言う内容ではなく、楽しめる映画ではありませんが
何故か引き込まれてしまい、ラストまでシッカリ見てしまいました。

ダイアナさんは、死で永遠にイギリスのバラとなった。
じゃなきゃ、今頃は醜態をサラシ、国民にアイソ尽かされてたかも・・とも思ったりして

好き度stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング








2008年02月18日 (月) | 編集 |
spi.jpg

■2007/10/5日DVD発売 ■アメリカ制作 ■95分

■監督 ・カリ・スコグラント

■出演
・タリン・マニング(セージ)
・トニー・カラブレッタ
・クリスチャン・キャンベル

■あらすじ■
60年代のクラシックカーから最新型ポルシェなどのスポーツカーまで、高級車ばかりを狙って盗難車を闇市場に流すセージ。警察にマークされつつも今夜も追手を振り切り、ビンテージカーを手に入れた彼女だが、その盗難車は連続殺人鬼の車だった。腹いせに殺人鬼に恋人を殺され、殺人鬼と警察、マフィアから追われる身となってしまったセージは、ある行動をとる決意をする。

『8Mile』でエミネムと、『ノット・ア・ガール』ではブリトニー・スピアーズと共演しているタリン・マニングが息をつく暇の無いド派手なカーアクションを繰り広げる!!


■かんそう■
旧作強化週間中なのですが、この映画、邦題と言いジャケと言い
見るからに、女性版ワイルド・スピード系としか、思えない・・・・。
まるきり、違います。サイコサスペンスな映画でした。

どちからと言うと「羊たちの沈黙」バリのドキドキ感味わえます。

もちろん、A級だとは思いません。やはり、物語が浅く、B級に近いσ(^◇^;)
しかし、腕利き車泥棒の女性が、殺人鬼に付きまとわれ戦う・・
これが、なかなかの、スピード感と緊張感で見入ってしまいました。

カーアクションも、派手でカッコ良かったし

少し、残念なのは、殺人鬼の素性がまったく、紹介されなかった事とラストの淡泊さ

DJをやってる犯人のサイコ具合は、自分の選曲に、生の助けを求める悲鳴や
断末魔の声を入れる事・・これで、満足感を味わうと言う、新タイプのサイコで新鮮。

今現在のサイコぶりは、よーく分かるのですが、時代を坂登、彼の生い立ちなどに
サラリと触れると、内容に深みが出たように思うのですが

まー、FBI捜査官でも無いので、プロファイリングなんか、する訳ないけど

レンタル時の想像より、退屈する事も無く、なかなか楽しめました。
旧作100円レンタルでなら、チョット当たりな1本。

好き度 stars-3-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング








2008年02月15日 (金) | 編集 |
baio31.jpg

■2007/11/3日公開  ■2008/3/19日DVD発売 ■アメリカ制作 ■94分

■監督 ・ラッセル・マイケル

■出演
・ミラ・ジョヴォヴィッチ(アリス)
・オデッド・フェール(カルロス)
・アリ・ラーター(クレア)
・イアン・グレン(アイザック博士)

■あらすじ■
T-ウイルスの拡大で、ついに世界全体が、砂漠と化してしまった。アンブレラ社の監視を逃れる為、1人、旅を続けるアリスは、立ち寄ったGSで、赤いノートを発見。そこには、アラスカはウイルスの感染がおよんでいないと記されていた。やがて、クレア率いる武装車団と合流したアリスは、そこでカルロスと数年ぶりの再会を果たす。一方、アイザックス博士は、アリスたちを攻撃。アラスカ行きを決意したクレアたちを見送り、アリスは、博士を追うが、アリスの前に立ちはだかる、最強アンデッドとのファイナル・バトルに、彼女は命を賭けて挑む! 
baio36.jpg

baio38.jpg

baio34.jpg

■かんそう■
昨年ブログ休止中に見に行ったのですが、そろそろDVD発売と言う事で
思い出し、考え出しでアップする事に・・少々忘れてる所も有るみたい。

入り1に逆戻りしてます・・もちろん、アリス計画は進行中
話は淡々と、静かに進みますが、不気味。

一方、オリジナルアリスは、相変わらずアクションは格好いいのですが
もう、超能力者になっちゃってましたね(*^_^*) 敵無しだけど、孤独な美女。

ゾンビカラスの大群が一瞬に燃え尽きる所なんか、凄い迫力だし美しい!!
映像面は一切、文句付けようがありません。

ただ、内容的には、既にアンブレラの出る幕では無いような・・。
アンブレラも東京地下まで、基地?持ってますが、自分達がマイタ、ウイルスで
居場所が無くなってる・・手に負えなくなったみたいでアリス計画も、へったくれも無いな

結局、計画よりも、アリス本人の能力が上回りコントロール不能だったようで
「計画の全貌が明らかに」と歌ってますが、どうも前2作の使い回しにしか思えない

ラストでは、アリス軍団VSアンデッド軍団の全面戦争突入を連想させ、平和はいつ
訪れるのか不安になりました←ごめんなさい、不安は嘘ですΨ(`◇´)Ψ 

期待し過ぎたせいか、はたまた、時間が短すぎたせいか内容は、物足りなかった。
が、映像を見るだけでも楽しめたように思います・・思い込もうとしてる私?

好き度  stars-3-0.gifstars-3-5.gif


★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング






2008年02月09日 (土) | 編集 |
wik1.jpg

■2007/1/23日DVD発売 ■ドイツ/アメリカ制作 ■101分

■監督 ・ニール・ラビュート

■出演
・ニコラス・ケイジ(エドワード)
・エレン・バースティン(シスター・サマーズアイル)
・ケイト・ビーハン(シスター・ウィロー)
・モリー・パーカー(シスター・ローズ)
・リリー・ソビエスキー(シスター・ハニー)

■あらすじ■
白バイ警官エドワードは、親娘の乗る車が事故で炎上する姿を目の当たりにして以来、精神的なダメージを負っていた。そんな彼にある日、失踪した婚約者ウィローから手紙が届く。娘のローワンが行方不明になっており、助けてほしいという。今でもウィローを想うメイラスは、一路ウィローの住むサマーズアイル島へと向かった。そこでメイラスは島の人々の不気味な雰囲気と冷たい視線を感じて……。

wik4.jpg

wik2.jpg

■かんそう■
何ですか?・・・・これは・・・・。
「飛んで火に入る夏の虫」 的な映画ですが、なんともレトロチック!!
1973年イギリス映画のリメイクだと知り、納得。

中盤までは、いったいこの島は何? 娘は? エタイの知れない不気味さは感じるものの
顔半分白、青?だったか、ぬったくったオバサンが出た瞬間・・意気消沈(i ゜__ ゜)タラー
イカンイカン、もう映像自体を受け入れられない状態で。

現実に、どこかに、この島が有るかも・・と想像すると恐い気もしますが、あの顔ではねぇ。
オリジナル当時は、ハイレベルな怖さだっとは想像しますが・・ん~今現在では無理。

唯一、次ぎの、お供え物としてジェームズ・フランコを久々に見た事だけが救い。
チョット、お顔にお肉が付いてましたが、まあオーケー。

原作本に勝る映画無し! オリジナルに勝るリメイク無し! 1に勝る続編無し! っー事で
1973年のオリジナルのまま、そっとしておいて、あげたかった・・・以上

好き度 ★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング







2008年02月04日 (月) | 編集 |
Open_Water_21.jpg

■2007/12/21日DVD発売 ■ドイツ制作 ■94分

■監督 ・ハンス・ホーン

■出演
・ズーザン・メイ・ブラッド(エイミー)
・リチャード・スベイト・ジュニア(ジェームズ)
・アリ・ヒリス(ローレン)
・エリック・デイン(ダン)
・キャメロン・リチャードソン(ミッシェル)
・ニクラウス・ランゲ(ザック)

■あらすじ■
メキシコ湾沖、豪華大型ヨットでクルーズに出た6人の男女。彼らは泳ぎを楽しもうと海へと飛び込んだ。だが、彼らは大切なことを忘れていた。甲板に上るための梯子を出し忘れていたのだ。その大型のヨットは水面から甲板まで数メートルあり、梯子なしでは上がることはできなかった。あまりにも愚かで単純なミスに気付いた時には、すべてはすでに手遅れだった。やがて海水は水着だけの彼らの体から体温を奪い、体力も限界に近づいていった。パニックに陥り、一人また一人と力尽きていく中、仲間割れからさらに全員を危機に陥れる事故が発生し…。

Open_water_24.jpg

Open_water_25.jpg

■かんそう■
1はアメリカ制作だったのですが、2はドイツになってました。

1に続き、海洋ザバイバルパニック映画なんですが、奇跡など起きない
絶望的な結末を向かえるのが、定番・・2も、大海原、奈落の底に引きずり込まれる。
実話が売りだが、1は確かにサメの腹からカメラ発見・・ツジツマは合ってる

が、2は誰が見てたんだ?・・こんな最悪な話・・だいぶ肉付けしてあるような気が

しかし、低予算映画だと想像するも、意外と良いの。
ヨットと海、そして6人の男女・・これだけで、ヨットに上がれない恐怖は
伝わって来るし、死に直面した時の人間の本性も、垣間見え、なかなかリアル。
携帯捨てる所は、チョット違和感あるけど(汗)

ラスト、ダンの取った行動・・最後まで、迷惑男で、逆に罪の償いに
エイミーと子供を影ながら、精神面&金銭面で支える・・と言う選択をして欲しかった
が、あの状況下でダンの選んだ道も非難はできず。

陸に向かって泳いで行ったローレンの結末分からないけど
描かれてなくとも、彼女の、その後は理解できますね。

エンディングのエイミーの夢・・無い方が、よりイッソウ後味の
悪さが感じられると思うんだけど。まあ、有っても良いか←どっちだ?
ヘタなサスペンスや、ホラーより、よっぽどマトモに見る事できる1本でした。

一言、他DVDに収録されてる、この映画の予告
ラップ調のお気楽予告。あれでは誰も鑑賞意欲は湧かないね! バカ映画としか想像できん

好き度 stars-3-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。