大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年09月30日 (日) | 編集 |
ff11.jpg

今日は、晴天の日曜日だった・・が、昼から部屋にコモッテ
映画そっちのけで、F1日本GPを1人観戦。

30年ぶりだっか?・・・富士スピードウェイ開催。
楽しみにしてたんですが・・昨日からズート雨だし(-_-)

入りから、セーフーティーカー先導で20週近くノロノロ。
聞いてたら、セーフティーカーって凄いスピードで走ってるんだそうで
知らなかった・・ノロノロ見えても、意外と早いんだねぇ。

日本勢、ダメだったし・・・バトンは良いポジションだったのに
フロントノーズ吹っ飛んで・・最後はリタイアで無念。

ハミルトンが安泰1位だったが、最後はフェラーリの2人が
魅せてくれて、盛り上がらなかったのが、一転満足感が(^o^)

ライコネンも、凄い追い込み見せてくれたし
ラストでのマッサのオーバーテイクは、根性ヒシヒシ感じました。
ドンジリだった、フェラーリの2人、最後は3位と6位

さすがだよ・・・凄い腕前。

アロンソも、残念だったが、トロ・ロッソの2人の方が辛いね。
ワザとでは無いのだが、あまりにも、もったいない。

ちなみに、フジTVさんシャンパンファイトくらい見せてくれよ(T_T)

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング





スポンサーサイト

2007年09月29日 (土) | 編集 |
sto1.jpg■2007/9/7日DVD発売

■フランス制作 ■103分

■監督 ・ギューム・ニクルー

■出演
・モニカ・ベルリッチ(ローラ)
・カトリーヌ・ドヌーヴ(シビル)
・モーリッツ・ブライブトロン(セルゲイ)
・サミ・ブアジア(リュカ)





■あらすじ■
ローラは、養子としてモンゴルから連れ帰った息子のリウ=サンと共に、パリで暮らしていた。リウ=サンの7歳の誕生日が近づいた頃、その身体に不思議な形のアザが現れる。それを、きに、母子の周囲で奇妙な現象が起きはじめる。幻覚の中でローラを襲う、不気味な蛇や鷲。悪夢に襲われたリウ=サンは、聞いたこともない言語を口走る。そしてある日、ローラの運転する車が事故を起こし、リウ=サンは昏睡状態に陥ってしまう。苦悩するローラは、謎を解明すべく調査をはじめるが、彼女を包む闇はさらにその深さを増していった

sto2.jpg

sto3.jpg

■かんそう■
これは~、仲良くしていただいてるアイマックさんがソコソコ・・と
言われてたのに、スッカリ忘れてしまい、見てしまった作品です(汗)
総制作費32億だったか38億だったか・・これに惑わされてしまった。

ストーン・カウンシルとは、モンゴルの呪術の儀式だそうで
中盤まで、エタイの知れない展開で、先が読めません。
蛇&熊のCGも良かった・・が、とても30億使ったとは? 何処へん?

想像するに、モンゴルへの渡航費&宿泊費&食費としか・・。
「ドリームランド」に泊まったのか(又、こんなヒンシュクかう発言を)

モニカさんが、素晴らしく綺麗! ビューティフルでしたし
大女優カトリーヌさんも、年齢感じさせず美しい・・が、熊でした

息子は、選ばれた子供なんですが・・どうも自分の身も守れない
何処が特別な子なんだか・・予知能力だけなん?

呪術と言う事で、もう少しVFXとか駆使されてるのかと期待したの
ですが無し。物語自体の起伏もあまり、無く眠む気が

印象に残ったのは、モニカさんの白目ムイテ、素っ裸で
呪術を解く治療受けてる姿が迫力大! 凄い女優魂
それと、モンゴルの美しい風景かなぁ。

外国の精神世界のお話は、難しい~。

おしまい

好き度 ★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング






2007年09月25日 (火) | 編集 |
indo1.jpg■2007/7/27日DVD発売 

■ニュージーランド・アメリカ制作 ■127分

■監督 ・ロジャー・ドナルドソン

■出演
・アンソニー・ホプキンス
・ダイアン・ラッド
・ポール・ロドリゲス
・アーロン・マーフィー
・アニー・ホワイト







■あらすじ■
ニュージーランド南部の小さな町。小さな家に独り暮らしているバートは、早朝からバイクの爆音を轟かせる名物の老人だった。家族もなく、暮らしも貧しかったが、若い頃は優秀なエンジニアだった彼は、自ら改良したバイクで、数々の国内記録を残していた。爆音の苦情はあるが、温かい人柄から町の人々に慕われてた。彼の夢は、米国ボンヌヴィル大会で世界記録に挑戦する事。苦心して改良したマシン“インディアン”号で、ライダーの聖地目指して出発した。

indo2.jpg

indo6.jpg

indo3.jpg

■かんそう■
実在の人物が、アメリカに渡り、色々な人間に出会いながら
20年来の夢を達成する為に奮闘するロードムービー。

とにかく周り、そして出会う人間達が心暖かい人ばかり!
多分、バートが歳なんで、「まー、しょうがない」と
言う気持も有ったのだとは思います。

が、それだけでは、このキカン坊の爺様を、受け止められない
バート爺さんの人柄ですね~。誰をも笑顔にしてしまう憎めない爺様
とにかく、豪快で明るい! そして、誇り高き紳士!

何処に行こうが、堂々としてるの
私なんか、田舎者なんで外人さんが居ると逃げます(^◇^) 恐いもん

アメリカ到着後、いきなり花1輪で100ドルぼられますが
その花で、フロントの姉さんを虜にしてしまう・・素敵な爺ちゃんで
ゲイのお姉さんの笑顔も可愛かった・・ホノボノ

レースシーンーもド迫力・・横から見たら凄いスピード。
300㎞超えよ、それも2輪車だから、普通は失神しそうな
スピードに取り憑かれた人には、止められない快感なんだろうなぁ。

夢は達成され、未だに記録は破られてない
バート爺さんの信念と行動力は、周りの人達に受け継がれて行く
彼は永遠の青年だね。心温まる、素敵な物語でした。ある意味スポコン

「夢を追わない人間は野菜と同じ」・・ん~これ痛い所突かれた(^_^;)

好き度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング







2007年09月22日 (土) | 編集 |
sonata1.jpg

■2007/8/3日DVD発売 ■ドイツ制作 ■138分

■監督&脚本 ・フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク

■出演
・ウルリッヒ・ミューエ(ヴィースラー大尉)
・マルティナ・ゲデック(クリスタ)
・セバスチャン・コッホ(ドライマン)

■あらすじ■
1984年、冷戦下のベルリン。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラーは、劇作家ドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。成功すれば出世が待っていた。しかし予期していなかったのは、彼らの世界に近づくことで監視する側である自分自身が変えられてしまうということだった。国家を信じ忠実に仕えてきたヴィースラーだったが、盗聴器を通して知る、自由、愛、音楽、文学に影響を受け、いつの間にか今まで知る事の無かった新しい人生に目覚めて行く。2人の男女を通じ、壁の向こう側への世界が開かれて行くのだった…。

sonata4.jpg

sonata2.jpg

■かんそう■
プライバシーなど皆無の盗聴国家・・かつての東ドイツの内情を
描いた物語でしたが、拷問の残酷な描写など無く、穏やかな展開。
実際は、銃殺、過酷な拷問などで、亡くなった方も多数だと想像します

穏やかとは言え、クリスタは愛を捨てるのか?
証拠が、見つかるのではないか・・・ドキドキ緊張感も有り。

大尉は、忠誠心も有ったのでしょうが、この仕事が好きだったような
孤独で、無口に彼には、適任だった気がします。

2人の男女を盗聴する事で、彼らに自分の夢を託した
クリスタに恋をしてた? それとも2人の固い絆に憧れた?

我が身を犠牲にした、2人を守る戦いは、悲しい結末を
向かえますが・・クリスタの真の愛、見せてもらいました

ラストが素晴らしかった。
ドライマンが大尉の為に書いた本「善き人のためのソナタ」

クリスタを助けられなかった大尉
元同僚達からは、裏切り者・・そして国民からは国家の犬と見られ
失意の中で、これからの人生を孤独に過ごして行くしかなかった彼

2人の為に必死に戦った事は、無駄では無かった。
世界で、たった1人だけでも、彼の本当の姿を知ってくれている
それだけで、大尉は今後の人生を歩んでイケルはず

大尉の決して微笑まない顔に、喜びと希望が溢れてました。

2つ、巨乳娼婦の姉さんとの行為&巨漢大臣の尻・・あんまり(^_^;)

好き度 ★★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング






2007年09月20日 (木) | 編集 |
popo1.jpg

■VOL3 ・5話「唯一の友」・6話「隠された謎」
■VOL4 ・7話「謎の解明」・8話「巨大な陰謀」
■VOL5 ・9話「呼び覚された死者」・10話「選ばれし者」
■VOL6 ・11話「悲しい性」・12話「母との再会」
■VOL7 ・13話「新しい世界の夜明け」

■かんそう■
これ途中で、途切れてたアメドラですが・・・・。
ブログお休み中に、旧作100円になってたので、一気見しました(∩.∩)

視聴率が悪くて、途中打ち切りとは言え、見出すと最後まで
ズルズル見てしまうんですよね~これが。

主人公クリスティーナが、悪魔の子と言う宿命から逃れようと
必死にもがいて頼る、母そして、友そして、愛する彼。
もう、どいつもこいつも役たたずでねぇ~(^_^;)

母親なんか、愛情のカケラも無いの! ミジンコくらい
有りそうなもんだと思うのだが。

彼ジェシーは、何でだか、悪魔の子を抹殺する為の
選ばれし者だったりして・・選ばれた割りには、クリスティーナに
速攻負けちゃう。もう少し、粘れよ・・頼りないぞー

でも、このまま続いてれば、ジェシーは復活し、又立ちはだかり
愛の力で、彼女を悪から救い出す!
(だいたい、パターンは見えてるΨ(`◇´)Ψ キャハハハ)

クリスティーナの破壊的なパワーに、出演者は、吹っ飛ぶ吹っ飛ぶ
体力勝負だね役者さんも。

このドラマ、やはり若い女性が主役の為か、迫力不足だった気します。
特に、クスリティーナの友人のジュディがねぇ~
「絶対止めてみせる」って、悪魔の子を人間の小娘が止められる訳無い

悪魔に心を売ったジェシーの男友達とか、その後どうなるのか
展開は気になるものの・・・終わってしまった。

1番驚いたのは、アメドラの打ち切りって、本当にブチ切るのね。
「新しい世界の夜明け」って、取りあえず世界は平和に・・。
無理矢理にでもマトメてあるのかと思ったら

世界は、悪魔の娘に、ひれ伏した・。お先真っ暗のままジ、エンド
悪く言えば、投げやり、良く言えば、いさぎ良し!

おしまい

好き度 stars-2-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング






2007年09月16日 (日) | 編集 |
komori1.jpg

15日から公開中の「題名のない子守唄」が非常に見たいのですがぁ。
「ニュー・シネマ・パラダイス」のジョゼッペ・トルナトーレ監督
最新作・・・トルナトーレ監督と言うだけで、見る価値ありそう!

何だったか、朝のテレビで、オスギさんが大絶賛
他の出演者の方達も、今年か今までか忘れたが
1番の2番のと大絶賛!ラストまで、釘付けだったと言ってたし

トルナトーレ監督には珍しく、ミステリー調らしく
入り見た、オスギさんトルナトーレ監督の作品じゃ無い・・と思ったと
あぁぁ~、興味ソソルのなんのって。

「変身ロボット」すら来ない、うちの映画館に来るハズがない!
(これ、さんざん皆さんに、いじめられましたヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆)

ほんじゃ、気合い入れて、遠いけど見に行くか!
と、やってるか探したのですが、隣の市にも来てないよ(T∇T*)(*T∇T)

これね~、ヤフーで調べたら、都会しか公開してないみたい
見に行かれた、都会人の方、是非田舎者の私に、感想聞かせてぇ~。

1ヶ月遅れくらいで、地元でも公開される事を祈るのみ・・アーメン

■「題名のない子守唄」公式サイトへまっしぐら。

見たい度 ★5

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング







2007年09月14日 (金) | 編集 |
daii1.jpg■2007/9/7日DVD発売 


■アメリカ制作 ■143分


■監督 ・エドワード・ズウィック


■出演
・レオナルド・ディカプリオ(アーチャー)
・ジェニファー・コネリー(マディー)
・ジャイモン・フンスー(ソロモン)
・アーノルド・ボスルー(大佐)



■あらすじ■
アフリカ・シエラレオネ共和国。反政府軍組織RUFに捕まり闇ダイヤの採掘場で強制労働を強いられていたソロモンは、作業中に大粒のピンクダイヤを発見。再び家族と暮らすために危険を承知でそれを隠すが、直後に政府軍によって捕らえられてしまう。一方、刑務所で巨大なピンクダイヤの話を耳にしたダイヤ密売人のアーチャーは、その在り処を聞き出すために、同じ刑務所に収監されていたソロモンを釈放させよう画策するのだが・・。

daii3.jpg

daii4.jpg

■かんそう■
骨太社会派ドラマ・・・見応え有る上にスピード感&緊迫感の
連続で143分が、短く感じられました。
まず、題名「ブラッド・ダイヤモンダ」が内容とドンピシャだよ!

レオ君、他の俳優陣とのバランスが良い為か一段と上手く感じた
だてに、ホッペに御肉付いてないな・・貫禄出てきたのぉ~(^◇^)
こん身の演技だったと・・・釘付け状態だったし私。

大佐の言葉が印象の残ります「アフリカの赤土は血の色」
この1言で、アフリカの歴史・・地下資源が有るが為に流された
多くの血をヒシヒシと感じました。凄い説得力。

アーチャーも、又、赤土の一部として消えて行く。
が、その血は、紛争の為で無く、平和の為の犠牲だったのだと
彼は、アフリカで生まれた白肌の子供・・死ぬ場所もアフリカしか

給料3ヶ月分のダイヤ買ってもらった事有る皆さん
そのダイヤ見つめると真っ赤な色が、にじみ出て来ませんか?
罪無き人々の血だと思う事が、紛争ダイヤ撲滅始めの1歩なのかも

好き度 ★★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング






2007年09月12日 (水) | 編集 |
per1.jpg■2007/9/7日DVD発売

■ドイツ・フランス・スペイン制作 ■147分

■監督 ・トム・ティクヴァ

■出演
・ベン・ウィショー(グルヌイユ)
・レイチェル・ハート=ウッド(ローラ)
・アラン・リックマン(リシ)
・ダスティン・ホフマン(バルディーニ)





■あらすじ■
18世紀のパリに、臭いの一切しない男が生まれた。その男の名はグルヌイユ。生まれながらにして超人的な嗅覚を持っていた。ある時、男は街で素晴らしい香りに出合う。その香りを辿っていくとそこには1人の少女がいた。少女の香りに初めて幸せを感じた男であったが、誤ってその少女を殺害してしまい、少女の香りは失われてしまった。しかし、その香りを忘れられない男は、少女の香りを再現しようと考え、橋の上に店を構える香水調合師バルディーニに弟子入りし、香水の製法を学ぶ事に・・・。

per22.jpg

per9.jpg

per7.jpg

■かんそう■
これはぁ~、好みの出そうな映画ですかね。
やってる行為は、自分の目的の為、残虐な連続殺人を犯す変態男(^_^;)
が・・・その行為がアートに見えるんだよね

香水調合士って、商売と言うより芸術家のような繊細さ
特に、主人公グルヌイユには、それが感じられた。

生まれ落ちた瞬間、指を吸うで無く、嗅ぐ・・
香りの為だけに、生まれた子・・彼の存在は奇跡だは!

後半まで、究極の香水が完成するまでの連続殺人の経緯が
描かれ、緊迫感で、見入りました。

問題は、ラストかな・・・彼が作った究極の香水は「愛」
愛の香りを、現実的に表現するのは難しいような・・。

私なりに、感じたラストは、愛の香りをまとい
人々に食い尽くされたグルヌイユ。肉体は消化され消え去る。

しかし、愛の香りは、人々の五臓六腑に染みこみ、何千年も無意識の
うちに記憶に残る・・彼の目的は、香りの保存・・そして
自分が生きた証しを残す・・これ全て、達成されたのだろうと

彼も又、愛の香りで、初めて気づく、果物売り娘への愛
心安らかに、彼女の元へ旅立ったのではないのでしょうか。

per8.jpg

おぉぉぉ~! 何と、美しいマトメだ!!
的外れでも、平気の自己満足見解でした( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

1つ、彼は香りだけで、複数の女性を殺害したのに
何で、全員美女なんだ! 絵的にだうろが納得できん(^◇^)

おしまい・・・今日は長いょ~

好き度stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング






2007年09月09日 (日) | 編集 |
白くじらさんから、タッチされました「愛しの映画館バトン」です。
いつも楽しいバトンありがとうございます。

長~い、オサボリをしてまい、偉く遅いアップでゴメンチャイ!
私らしいと、言う事で、お許しをぉ~( ̄ー+ ̄)ニッ!

それでは早速スタートさせていただきます。

1.年に何回くらい映画館で映画を観ますか?
えっと、田舎なんで、超話題作以外は、来ません←キッパリ
の為、10~15回行けたら良い方でしょうか。
ちなみに、あの・・あの「トランスフォーマー」来ませんでした(^_^;)

2.最後に観た映画は?
「ダイ・ハード4」 男らしい私、アドレナリン系の映画大好物!
あれ、公開中映画ですよね?・・だから~、長いオサボリってば

3.初めて観た映画は?
思いだせない・・多分、幼稚園か小学生の時にマンガ映画見た
ような・・題名も何も記憶無し・・マンガ祭りみたいなやつ

4.映画館では飲み食いしますか?
飲まず食わずで、見る事がほとんどです。特に水分はダメです。
トイレ警報が、直ぐに鳴り出す、女なんで・・・
しかし、映画鑑賞中には、いつもガム噛んでます。
「ウォーターリングガム」がベスト。カラカラお口が潤います。

5.主に誰と観にいきますか?
基本的に1人・・終わって明るくなるまで居座るので1人の方が気楽。

6.映画館でうれしかった思い出
1人で来てた女性と、映画談義に花が咲いて、始まるまでの
時間を楽しく過ごせた事かな・・ただ、韓国映画話
に偏ってた気が・・「でしょ?」って同意求められても分かんねぇ~のぉ

7.映画館で悲しかった思い出
こよなく愛するスターウォーズEP4の途中、アナキンが苦悩してる
のに、私は必死に睡魔と戦ってた事。あまりに、マッタリ過ぎるだろ!
いや、ファンとして、なんたるフカク(-_-)

8.映画館で困った思い出
とにかく、トイレ! 朝1回目に行くよう努力してるので
家事バタバタ済ませ、焦って行くのでトイレは後回し。
だから、水分は厳禁ヽ(´▽`)/へへっ

9.パンフレットは買いますか?またそのタイミングは?
大好きな映画&スゲーおとこ前が、出てる映画は結構買います。
後は、これ面白かったぁ~・・と思っても買わない。単なるケチ!?

10.次に回す人(3~5人)
もうこれは、激しく出遅れたので、周り固められたみたい(^_^;)
見たら、fuu姉さんがやってない!!

お願いしますfuuさん(*^_^*)

他に、やりたい方いらっしゃったら、モリモリ持ってってぇ~。

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング






2007年09月09日 (日) | 編集 |
今日こそは、「プリズン・ブレイク」を上げねば!

・・・と鼻息ブンブンだったのですが、シーズン2フィナーレ
までの9話を続けざまに見たせいか、VOL8.9.10がゴッチャ混ぜに
なってしまって、頭の中で、整理整頓が付かない。 キィー!

VOL8~10まで、一気上げしようかとも思ったのですが
生まれて初めて、ハマッタ、アメドラに失礼だしな・違うかいな(^_^;)

何か、頭の中で、フィナーレエピソード・・・今までの逃亡劇は
何だったんだぁ~・・・目的はマイケルかよぉ!
と思ったら、前の分が脳裏から、吹っ飛んでしまった私。

シーズン3は、まだ先だから、ゆっくり2話づつ
大切に上げていくべ・・と思います。

今日は、ここまで・・皆様コメント&トラバのお返し
明日させていただきます・・・すんまそん<(_"_)>ペコッ


2007年09月06日 (木) | 編集 |
starto1.jpg■2006/6/9日DVD発売 

■アメリカ制作 ■116分

■監督 ・スチュアート・ベアーズ

■出演
・パトリック・スチュアート(ピカード艦長)
・ブレント・スパイナー(データ)
・トム・ハーディ(シンゾン)
・マリーナ・サーティス(ディアナ)
・ジョナサン・フレイクス(ライカー)



■あらすじ■
ライカーとディアナの結婚式を地球で終え、エンタープライズ号は、ベタゾイド星での祝宴に向かっていた。途中で奇妙な電磁サインを感知した為、ピカード達は砂漠の惑星に立ち寄り、謎めいた人工物を回収する。その時、連合艦隊から緊急連絡が入り、進路をロミュラン帝国へと変更する。ロミュランでは、まったく新しい人物が政治権力を握り、連邦との外交を望んでいるというのだ。ところが、その裏には恐るべき陰謀が隠されていた。ロミュランの新長官は最強の敵としてピカードの前に立ちはだかる。

starto6.jpg

starto7.jpg

starto5.jpg

■かんそう■
トップ画像の坊主頭の青年が、誰か?・・と言う問題なんですが・・。
ピカード艦長のクローンです・・旧作にネタバレも何も無いだろうと

監督さんが、「予算の関係上」を連呼してた通り、SW
のような、ド派手迫力で迫って来るCGは少ないです。
その分、人間ドラマ重視がスタートレックの持ち味。

全てが同じ細胞の人間2人、年齢&環境により、悪と善に
分かれるのか?・・そして、アンドロイドには、人格が生まれるのか?
そおゆう部分が、主に描かれてました。

当然、ピカード艦長はキャリアの違いで、上手いのですが
シンゾンも若いのに、存在感ありましたぁ。
シンゾンが、機能不全の為、細胞の崩れて行く様は、凄み有って不気味

シンゾンは、紅茶・・ピカードは紅茶の銘柄まで、注文する
小技も、ピリッと効いてたし・・・。

ラスト、小さなエンタープライズが、巨大無敵戦艦
シミターに正面から、突っ込んで行くシーンは、迫力有り
予算の少なさを、感じさせない作りで・・イケテました!

さすが、40周年のスター・トレック。老舗の貫禄感じさせるし
スタートレック通では無い私には、面白かったし楽しめました。

1言・・やはり、私的には、カーク艦長&スポック&マッコイ
のイメージが強いんだけど・・古(^_^;)

好き度 stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング






2007年09月04日 (火) | 編集 |
mari11.jpg

■2007/7/19日DVD発売 ■米・仏・日制作 ■123分

■監督 ・ソフィア・コッポラ

■出演
・キャスティン・ダンスト(マリー・アントワネット)
・ジェイソン・シュワルツマン(ルイ16世)
・リップ・トーン(ルイ15世)
・ジェイミー・ドーナン(フェルゼン伯爵)
・アーシア・アルジェント(デュ・バリー夫人)

■あらすじ■
オーストリア・ハプスブルグ家の末娘マリーは14歳で、フランスのルイ・オーギュストと結婚。格式を重んじるヴェルサイユ宮殿での生活に始めは戸惑うものの、盛大な晩餐会やファッションリーダーとして贅沢三昧の日々を送っていた。4年後、ルイ15世は急逝し、若いふたりは王位を継承。ほどなくしてマリーは待望の世継ぎを出産。わが子を心の拠り所とするのだが、魅力的なフェルゼン伯爵と逢瀬を重ねたこともあった。一方、財政難に困窮したフランス国民は各地で暴徒と化していき・・・。

mari2.jpg

mari3.jpg

■かんそう■
金遣いの荒く、悪名高き、フランス王妃の伝記のような映画で
途中マッタリしちゃって、チト眠気が・・ゴメンよぉ~m(_ _)m

ビジュアル的には、ゴージャスそのもの
豪華絢爛の、ケーキ、ドレス・・髪型・・そして御犬様々
色合いは、ビューティフルでした・・が、少し眠い(^_^;)

で、今回は箇条書き形式でと

■歴史に無知な私が、知った事
・「パンが無ければケーキを食べろ」の名台詞は嘘だった。

・マリー1人の浪費で、フランス財政が、ひっ迫したのでは無く
ルイが、戦略上アメリカに膨大な援助をしていた事

・政略結婚とは言え、ルイとマリーの間には、愛情なのか
何か別の感情なのか不明ですが、確かな絆が存在してた事

■オバカな私が、思った事
・オスカル&アンドレが居なかった!! イネーヨ
オスカル・・1字違うとラスカル・・ん~洗い熊←オバカ

・キルスティン嬢は、赤毛よりブロンドの方が可愛いなぁ。

余談ですが、鑑賞後に「堂本兄弟」で光一君が、ベルサイユ宮殿
には、トイレが無い・・と言っていた。
あの広大な庭園の隅で野○ソしてたらしい。垂れ流しだったような

フランスで、香水が発達したの、御風呂の習慣が無かったから
だと思ってた私には、この映画のイメージがガラガラと
音を立てて崩れ落ちた瞬間でしたぁ。

おしまい

好き度 ★★★

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング






2007年09月02日 (日) | 編集 |
kobe1.jpg■2007/7/25日DVD発売

■アメリカ制作 ■97分

■監督 ・レニー・ハーリン

■出演
・スティーブン・ストレート
・ローラ・ラムジー
・セバスチャン・スタン
・トビー・ヘミングウェイ




■あらすじ■
マサチューセッツ州イプスウィッチ。特別な力を持つ5家族は、その力をお互いに秘密にしておくという盟約を交わした。17世紀半ば魔女狩りで厳しい迫害を受け、子孫たちが誓いを立てたのだ。その盟約を破ると、一族郎党すべてが滅亡させられ、その血脈は跡形もなく消されてしまう。 時は流れ、イプスウィッチにたたずむ名門高校に、「イプスウィッチの子」の盟約で結ばれた、特殊な力を備える4人の学生がいた。ある時、学校のパーティの後で学生の死体が発見されたことをきっかけに、彼らの一族を守り続けてきた沈黙の盟約が危険にさらされる。

cove2.jpg

cove3.jpg

cove4.jpg

■かんそう■
レニー・ハーリン監督の作品です。ハリポタの青年版みたいな感じ?
男前の、お兄ちゃん揃いなんです・・しかし私的にはメンツは普通(^o^)

男性魔法使いの話ですが、ファンタジー感よりアクション感強し
特撮部分、迫力大で視覚的には見応え有り。
ストーリーが、チョイ雑で単純なんですが、退屈せず楽しめました。

魔女の血を受け継ぐ5家族の子孫・・4人の息子は、まとも
後1家族の息子が、約束を破り世界を支配しようとする
その良い子4人のうちの1人が主役

が・・・残り3人が・・何の役にも、たって無い所がトホホ(汗)
それも、魔法使えば使うほど、年老いて行く・・シワシワの爺様と化す
つまり、魔法使いは寿命が短い・・・それって辛いだろ~。

魔法使いも、難儀だな・・破壊的パワーも、宝の持ち腐れですは

好き度 ★★★

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。