大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年06月28日 (木) | 編集 |
da1.jpg■2007/5/25日DVD発売 

■ドイツ制作 ■103分

■監督 ・グレゴール・シュニッツラー

■出演
・パウラ・カレンベルク(ハンナ)
・フランツ・ディンダ(エイマー)
・トマス・ヴアシア
・リッチー・ミュラー





■あらすじ■
ある日の授業。高校生のハンナは、光合成の質問をされ回答に窮してしまう。その時、転校生のエルマーが質問を引き継ぐことで彼女を助けてくれた。これをきっかけに、ハンナはエルマーの存在が気になるように。そして授業中にエルマーに呼び出された彼女は、人気のない教室で突然彼にキスをされる。束の間、愛を交わす2人。だがその時、校内に警報が鳴り響いた。それは近隣の原発で事故が起こったことを知らせるものだった…。

da3.jpg

da2.jpg

da23.jpg

■かんそう■
仲良くしていただいてるアイマックさん所で、紹介されてた映画で
とても興味が湧き鑑賞しました。

これは・・普通に考えると確かに若者のラブストーリーです。
が・・・現実的には、悲劇、悲恋だと思う。
17歳~18歳の少年少女には、あまりにも過酷な状況下での純愛。

ハンナ、小さな弟を1人で、守り逃げる・・重荷過ぎる。
彼だけが、頼り・・そして、逢いたい。もっと早く行動してれば
そう思う部分も有りますが、それは結果で有って・・。

彼エイマーも、リスクを背負ってハンナを支えるなんて
私には、真似出来ないかも・・人生カケテも貫くのが純愛。
しかし、命をカケルのも純愛?・・18歳の少年が!?

映像的にも、とても綺麗です。が、美しく見える雨も空も
放射能含んだ死の雨&死の空・・さすがに、現実的に見ると恐い。

彼らに、降りかかった出来事は、限りなく悲劇なんですが
唯一の救いは、2人の未来がイツまでなのか、分かりませんが
最後の時まで、お互いを支え愛し合って行く、笑顔のラストで

1事故で、人間の命&未来を全て奪い去って行く。
原発に頼る、世界への警告の意味も有ると思います。
かなり厳しい内容ですが、感情移入してしまってる自分を確認。

da22.jpg

↑エイマー役の彼、なかなかの、好青年でした(^◇^)

お気に入り度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング






スポンサーサイト

2007年06月26日 (火) | 編集 |
nana111.jpg■2007/6/22日DVD発売 

■アメリカ制作 ■111分

■監督 ・ポール・マクギガン

■出演
・ジョシュ・ハートネット(スレブン)
・ブルース・ウィルス(グッドキャット)
・ルーシー・リュー(リンジー)
・モーガン・フリーマン(ボス)
・ベン・キングズレー(ラビ)
・スタンリー・トゥッチ(ブリコウスキー刑事)


■あらすじ■
空港のロビーで、青年の前に現れた謎の車椅子の男。男は、20年前の幸運のナンバーにまつわる残酷な物語を語り始める。一方、NYのアパートではスレヴンとリンジーが偶然の出会いを果たす。不運続きのスレヴンは、友人を頼ってNYに来たのだという。ところが友人は姿を消し、スレヴンは敵対するギャング、“ボス”と“ラビ”の争いに巻き込まれる。そしてその影には、あの空港の男-凄腕の暗殺者グッドキャットがいるのだった…。

nana333.jpg

nana66.jpg

nana7.jpg

■かんそう■
このメンバーで、面白くない訳が無いよね・・・(^o^)

入りの部分の空港の青年、何の話なんだろう?・・・・と
それに、前半どうもスレブンに緊張感が無くて、これコメディ系?
なんて、思ってたのですが、中盤からドンドン面白くなるぅ。

ジョシュ君が裸で連れ回されて笑える。ルーシーさんも
今までのイメージと違って、ミニスカでキュートでした。
この2人を周りの渋俳優陣が、ガッチリ支え、居るだけで大迫力(^◇^)

後半、私、スレブンがキャットかと思いましたが・・。
なるほど、ここで空港青年の話が繋がるんですね! 予想外の展開
スレブンが、とことんツキが無いのは、全て計算尽くだった。

ブルース氏は、拳銃かまえさせたら、世界1似合いますが
ジョシュ君も、なかなか決まってました。 復讐の鬼に・・ん~クール

2転3転して・・そして、ラストで、もう1ヒネリ・・刑事もかぁ!
ただ、復習劇だけで無く、スレブン&キャットの優しい部分も
見え隠れします。非情の世界でも愛は存在すると

殺し屋家業では、情けは致命的だとは思いますが(^_^;)
軽いタッチの作りですが、意外な展開で、先が読めず
シッカと騙され楽しめました。

1つ・・ルーシーさんが、かなり羨ましいぃ~かった。

お気に入り度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング







2007年06月24日 (日) | 編集 |
dai41.jpg

■2007/6/29日~公開 ■アメリカ制作

■監督 ・レイ・ワイズマン

■出演
・ブルース・ウィルス(マクレーン)
・ジャスティン・ロング(マット)
・ティモシー・オリファント(ガブリエル)
・マギー・Q(マイ)
・メアリ・エリザベス・ウィンステッド(ルーシー)

dai49.jpg

dai45.jpg

■かんそう■
うちのような、田舎でも先行なる物が存在していたらしくヽ(´▽`)/
ジョン夫妻、離婚してましたかね?・・記憶が曖昧なんですが

デジタルVSアナログ・・・マクレーン、サイバーテロに
手も足も出ない。昔気質の、ど根性刑事ですから
今回はジョンの本音が・・そりゃ、ヒーロー疲れるよね。

犯人達も、座ってキー叩けば済む・・
そう簡単に行かない。相手は不死身のマクレーン!
内容は、相変わらず凝った物では無かったのですが

ド派手な、爆破&銃撃戦、息つく暇無い、見せ場てんこ盛り。
ジョンも年齢感じさせない、血まみれアクション頑張ってたし
スピード感、映像迫力・・さすが、ダイ・ハードでした。

マイ役のマギー嬢、綺麗で知的で、強い!
スタント無しだそうですが、ジョンもタジタジ。スンゴイなぁ
凜とした美しさ・・印象に残ります。

アクション娯楽大作・・期待を裏切る事無く、面白かったです。
現代はハイテク社会ですが、最後は拳&正義&根性が、勝! です。
チョット、髪の話に触れてて笑いを誘います(^◇^)

1つ・・FBIが最後まで、役に立たずで何??

お気に入り度 stars-4-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング







2007年06月21日 (木) | 編集 |
syugo1.jpg■2007/6/20日DVD発売 

■アメリカ制作 ■139分

■監督 ・アンドリュー・ディヴィス

■出演
・ケビン・コスナー(ベン)
・アシュトン・カッチャー(ジェイク)
・メリッサ・サージミラ(エミりィ)
・セラ・ウォード(ヘレン)



■あらすじ■
アメリカ沿岸救助隊に所属する救難士、ベン。数々の命を救った伝説的なスイマーだった彼だが、ある任務で相棒を目の前で失い、心に深い傷を負ってしまう。妻にも別れを告げられ、失意に沈むベン。そんな重い気持ちの彼は一時現場を離れ、レスキュー隊員を養成する学校・Aスクールに教官として赴任する事になった。そしてそこで元高校水泳チャンプの訓練生、ジェイクと出会い…。

syugo3.jpg

syugo10.jpg

syugo19.jpg

■かんそう■
スクリーンで見た方は、凄い映像迫力だったと思います。
荒れ狂う、モンスター大波の怖さがDVDでも感じられる。
映画館で見れば良かった・・今更後悔(汗)

「死んでも、守り抜く」・・沿岸警備隊の心意気を感じます。
39000人中、280人しか居ない救難士・・超エリート集団。

仲間の死のトラウマに悩まされ、現場復帰が出来ないベン。
同じ苦しみに悩むジェイクと心通わせて行き、克服して行く。

人間ドラマ部分が丁寧に描いてありますが、中盤少し展開が遅い
ジェイクの恋愛部分、大ざっぱな気がしました。

ラストは、さすがに盛り上がりましたねぇ~。
自分を犠牲にしても、相手を助ける・・救難士の勇姿&信念を
見せて貰いました・・「手と手」のツナガリ・・胸が熱くなる。

ベンは、海の守護神となり、救助を待つ人々の心の支えとなり
生き続ける・・そして、彼の意志を受け継いだジェイク達が
恐怖を物ともせず、助けに向かう・・あぁ~、心がプルプル。

感動は少なめ・・大げさな盛り上がは無いが、その方がリアルで自然。
1つ・「愛と青春の旅立ち」のような、ジェイクの恋愛部分です(^◇^)

お気に入り度 stars-3-5.gif


★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング






2007年06月19日 (火) | 編集 |
himi1.jpg

■006/12/22日DVD発売 ■カナダ=イギリス=アメリカ制作 ■108分

■監督&脚本 ・アトム・エゴヤン

■出演
・ケビィン・ベーコン(ラニー)
・コリン・ファース(ヴィンス)
・アリソン・ローマン(カレン)
・レイチェル・ブランチャード(モーリーン)
・ディビッド・ヘイマン(ルーベン)

■あらすじ■
1972年、ロス。野心家の若手ジャーナリスト、カレンは、有名人の暴露本で名を売ろうと、少女時代のアイドルで15年前に人気絶頂の中解散したエンターテイナー・デュオ、ラニー&ヴィンスに狙いを定める。解散の原因となった女性の変死事件の真相を解き明かすため、2人に近づくカレン。しかしそこには、あまりにも退廃的で死の匂いに満ち溢れた暗黒の迷宮が待ち構えていた…。

himi5.jpg

himi7.jpg

himi2.jpg

■かんそう■
「秘密をかかえて生きる人は、いつか秘密に殺される」
R-18指定エロティクサスペンス映画ですが、それ程過激では無し(^^;)

浴槽に浮かんだ女性の死体が妙に美しい。ローラ・パーマーのようだ

この女性の死の謎を追う、サスペンスなんですが・・。
華やかなショービジネスの裏側に存在している汚くて、恐い部分
それに押し潰されて行く2人のドラマがメインだったような

レズシーンとかに時間割きすぎで、物語りが曖昧・・良く理解できず
犯人がビィンスを脅すのは分かりますが、ラニーまで苦しめてる。
結局、犯人はラニーに感謝してるって口先だけだったの? ん~?

ラスト、カレンがモーリーンの母親に言った言葉・・。優しい。
モーリーンの秘密は母親が亡くなるまで、誰にも証さない。
彼女も又、秘密に殺されたって事なんですね。

人間ドラマとして見ると、なかなか面白かったのですが
サスペンス映画としては、ヒネリが単純で驚けなかったなぁ。

1つビックリしたのは、少女時代のカレン・・あれ本人?
えらい、化粧の濃い少女で・・無理有り( ̄m ̄〃)

お気に入り度 ★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング







2007年06月17日 (日) | 編集 |
jeko1.jpg

■1999/12/10日DVD発売 ■アメリカ制作 ■113分

■監督 ・エイドリアン・ライン

■出演
・ティム・ロビンス(ジェイコブ)
・エリザベス・ベーニャ(ジェシー)
・ダニー・アイロエ(ルイス)
・マット・クレイブン(マイケル)

■あらすじ■
ベトナム戦争帰りのジェイコブは、日常的な幻覚に悩まされている。彼は、いま自分が見ているものが現実なのか、夢なのか、全く区別がつかなくなっていた。友人が殺される場面を見たり、自分の服が血まみれになっていたり…。幻想なのか、無意識の恐怖なのか、それともこれは現実なのか…。

jeko2.jpg

jeko3.jpg

jeko5.jpg

■かんそう■
「人は1日1歩ずつ、ジェイコブの階段を登っている」

旧約聖書「ヤコブの話」をヒントに作られてる。ヤコブの話って何?(汗)
不思議系サスペンスの、走り的映画だと思います。
1990年公開と言う事で、多分以前鑑賞してるはず・・。ティムさん若!

が、その当時、私の頭では、理解出来なかった世界観だったと
何が、現実で夢なのか・・その世界でジェイコブが、疑問の答えを
探して、もがき苦しんでる姿、こちらも同じ心境に陥ります。

エタイの知れない、化け物達・・完璧に悪夢ですよね。
いきなり、頭にドリルで穴開けられたり、氷風呂浸けられたり。

1つ疑問なのは軍が使用したとされる、薬物・・ジェイコブの全てを
占領してる・・テーマの1つでしょうか・・反戦の意味も有るのかな?
その辺のツナガリが、少し曖昧だと感じますが

ラスト、全ての謎は解き明かされ、ジェイコブは息子と共に・・。
彼が、見そして体験した全ては、幻想だったのですね・・なるほど
この結末なら納得です。骨接ぎ先生は、導く存在だったんだぁ。

今見ると、意表突く結末で、唸らせる1本・・不思議系の傑作だと思う
最後まで、不思議世界の中に引き込まれ、楽しめる映画でした。

お気に入り度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング







2007年06月15日 (金) | 編集 |
361.jpg

■2007/6/8日DVD発売 ■フランス制作 ■110分

■監督 ・オリヴィエ・マルシャル

■出演
・ダニエル・オートゥイユ(レオ)
・ジェラール・ドパルデュー(ドニ)
・ダニエル・デュバル(エディ)
・アンドレ・デュリリエ(ロベール)
・ヴァレリア・ゴリノ(カミーユ)
・ロジュディ・ゼム(ユゴー)

■あらすじ■
フランス、オルフェーブル河岸36番地にあるパリ警視庁に、二人の警視がいた。一人は仲間からの信頼厚く、正義を信じるレオ。もう一人は権力志向の強い野心家のドニ。親友だった二人は、同じ女性を愛し奪い合った過去を持ち、今は次期長官の座を競うライバルとなっていた。市内で多発する現金輸送車強奪事件を巡り、交錯する男たちの思惑。ドニの裏切りで、レオはすべてを奪われ投獄される。7年後、再会した二人の運命はどこへ向かうのか…。

365.jpg

364.jpg

366.jpg

■かんそう■
ハリウッドリメイクが決まっているハードボイルドサスペンス。
オジサマ達が、渋いです・・ウヘェ~カッチョイイ!!
しかし、男性心理、もっとサッパリしてるかと思ってました。

女性絡みの過去を未だに、引きずってる男の恨み・・恐い(^_^;)
男性も、以外と執念深い、生きものなんですねぇ。

ここまで、レオを蹴落とそうする&昇進に固執するドニも異常ですが
レオも誰にも、秘密を証さず・その為に、仲間を犠牲にしてしまった
とことん、戦いなさいよ!・・レオは権力なんか興味無い男だった

努力しなくても、何でも手に入れてしまうレオ
そこが、又ドニには、イッソウ、気に障った部分だったと思う。

が、ラストではドニには天罰が・・。
結局、ドニはどうやっても、レオには勝てない結末で・・・ホッとした
飴と鞭で、人間はコントロール出来ない。報いは必ず訪れる。

オジサマ達なので、ド派手な肉体アクションではありませんが
静かな男の戦い&心理描写の、深みを見せてくれ、見応えありました。

あらすじを知らないと、何故2人に確執が出来たのか、分からない。
描かれて無い。サワリ程度で良いから、欲しかったかなぁ。

お気に入り度 ★★★★

■よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年06月13日 (水) | 編集 |
30015.jpg

■2007/6/9~公開中 ■アメリカ制作 ■117分

■監督 ・ザック・スナイダー

■出演
・ジェラルド・バトラー(レオニダス王)
・レナ・へディー(ゴルゴ王妃)
・ロドリゴ・サントロ(ペルシア王クセルクセス)
・ディビッド・ウエナム(ディリオス)
・ドミニク・ウェスト(セロン)
・ビンセント・リーガン(隊長)
・アンドルー・ブレビン(ダクノス)

■あらすじ■
紀元前480年。スパルタ王レオニダスの元に、圧倒的軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来た。土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。しかしレオニダスは遣いを葬り去り、ペルシアと戦う道を選んだ。託宣師のお告げも無視し、テルモピュライでの決戦に挑むスパルタの精鋭たち。その数はたった300人。対するペルシアの軍勢は、なんと100万の大軍だった…。
3003.jpg

3004.jpg

3002.jpg

■かんそう■
グレー基調の風景に、赤いマントが映えますねぇ。
そのマントの下の戦士達が・・すんごい体なの
全員、縦割れ腹筋よ・・彫刻並の美しさ

ペルシア王のデカサと、ゴージャスさも印象に残ります。

かなり、スローモーション映像を使ってますが
映像に躍動感を与え、効果的に使われてると
戦士が動く度に、マントのウネリが、生き物のように見える

ペルシア軍を、盾で押し返す、スパルタ300人の力強さと気迫
鳥肌立つ程の、圧巻シーン連続に、眼はクギ付け状態・・。
血しぶきも半端じゃない・・しかし、画像処理で、血も又美しい

戦闘シーンがメインの為か、物語は、少し薄めかなぁ。
ですが、レオニダスの表情で、スパルタ戦士としての
信念&プライドを貫く決意は、読み取れました・・

王妃の「骸になっても帰って来て」・これも、戦士の妻らしい言葉で
考えると、スパルタ戦士って生まれつきの戦闘マシーンだよね
それって幸せなのかは疑問なんですが・・・。

男らしい、女の私・・内容ウンヌンより、戦闘シーンの迫力
そして、映像の美しさに圧倒されスコブル楽しめました

お気に入り度 ★★★★

■よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年06月12日 (火) | 編集 |
cur1.jpg

■007/5/25日DVD発売 ■アメリカ制作 ■97分

■監督 ・ウェス・グレイブン

■出演
・クリスティナ・リッチ(エリー)
・ジョシュア・ジャクソン(ジェイク)
・ジェシー・アイゼンバーグ(ジミー)
・ジュディー・グリア(ジョニー)

■あらすじ■
ロサンゼルスに住む姉エリーと弟ジミーは、両親を亡くし、二人暮らしであった。 ある満月の晩、二人は自動車事故に遭遇する。事故で犠牲になった女性の本当の死因は、「得体のしれない生き物」に襲われたことが原因だった。 そして周囲では「オオカミ男」の犯行と思われる事件が多発する。自分の体の変化に怯える2人は、「狼男」の印を自分達の手のひらに発見する。そして、ジプシー女がエリーに警告した。「これは呪いよ。貴方はまだ獣と人間の中間なのよ」と。果たして二人はこの呪いから解放されるのであろうか・・?

cur2.jpg

cur3.jpg

cur6.jpg

■かんそう■
「スクリーム」の監督&脚本家が再び、タッグを組んだホラー。
ホラーと言うより、コメディホラーでした・・・(*⌒ー⌒*)ゞ

アメリカホラーらしく、テンポも速いし、カラット豪快な作り
しかし、大味ばかりでも無く、随所に凝った設定が散りばめられ

クリスティナ頑張ってて、不気味な雰囲気感じるし
瞬間的にはドキッ!・・としたり笑ったり退屈はしません。

エリーが「良い匂い」と、獣的臭覚で嗅ぎつけた物は、同僚の鼻血。
さすが、狼だよ!・・ドアに食い込む血だらけの、指もリアル・・。
が、どうも笑えるんだ・・ゲイをカミングアウトした友人とか

お肌がカサカサ・・と言われ、怒りのあまり、警官の前に出て
来ちゃって、アッサリ射殺される狼女とか・・力が抜けた

1番辛いのが、狼人間・・遊園地の着ぐるみレベル。
狼なんだか、熊なんだか・・お粗末さまで・・あぁ~泣ける
全体像が出て来た瞬間、狼さん、ご苦労様の心境に( ̄~ ̄)ムニャ


お気に入り度 ★★

■よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年06月10日 (日) | 編集 |
purizun51.jpg

■2007/6/2日DVDレンタル開始 ■アメリカFOXTVドラマ

■第9話【シークレット・ガーデン】 ■第10話【めぐり逢い】

■出演
・ウエントワース・ミラー
・ドミニク・バーセル

purizun53.jpg

purizun52.jpg

■かんそう■
マイケル植物園で何を探してるのかと思ったらニトロ・・。
普通、爆薬に使うと・・FBIも私も同レベルの頭脳みたい(^_^;)

しかし、計画はマホーンのデータ復元で、ことごとく読まれ
追いつめられて行く・・FBIは人数が違う・マイケル1人では
ここで、臨機応変に対応する所が、彼の凄さで

結局、FBIでの敵はマホーンだけ・・彼の過去を徹底的に調査開始
元妻とか、よくもまあ会えるもんだ・・同僚になり切ってるし
マホーンの1番、隠したい部分に切り込んで行く

これは又、度胸有る行動で・・・取引の為の電話直接対決
マホーンも、普通の人間だよね・・穴掘り起こして、怯えてたし

解読成功したサラ、マホーンに追われているのも、知らず約束の場所へ

金持ったティーバック、花とハサミ持って行く所が彼らしい
こんなのに、付きまとわれたら、夜もオチオチ眠れないよ
が、執念深さが弱点だから、案の定ベリックに捕まっちゃって

一方、リンカーン&LJ・・とうとう逮捕。 えぇぇ~嘘~。

purizun57.jpg

purizun59.jpg

purizun56.jpg

警察に逮捕された兄と息子、ここで、又組織の魔の手が
組織の目的は死刑では無く、秘密を知った者全員の抹殺なんだね
そこえ、別の組織が2人を助けに・パパだった。今頃、再登場。遅い!

一方、サラ・・やっとマイケルと、束の間の再開! ここも遅い(汗)
しかし、サラ、ドンクサイから、速攻、マホーンに突き止められて
何とか、マホーンを罠にかけ逃げ切った2人で・・・。

この2人、まどろっこしいの! マイケルは、彼女の為を思い
素直に好きだと口に出せない・・「会えて良かった」じゃ無くて
「愛してる」と言ってよ。 その言葉をサラも待ってたと思うし

だから、サラも簡単に付いて行けないのが、分からんのかマイケル。
見てる側が、イライラ怒ってもしょがないな(^◇^)

ティーパックは、ベリックに、それは痛そうな拷問を受けますが
彼は、普通じゃないので、耐え続け、最後には、得意の鍵飲み込
しかし、上から入った鍵は下から出され・・ウ○コまみれ。ゲゲッ!

金を手に入れたベリックも、相棒に裏切られ・・新たな展開
分かれたサラにも、ケラーマンの魔手が、そしてリンカーン達にも
組織荒手の殺し屋が・・もの凄い、展開の多さ・・目が回るぅ。


★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年06月08日 (金) | 編集 |
111411.jpg■2007/5/25日DVD発売 ■アメリカ/カナダ制作 
■86分 ■劇場未公開

■監督 ・グレッグ・マルクス

■出演
・ヒラリー・スワンク(バジー) 
・パトリック・スウェイジ(フランク)
・ヘンリー・トーマス(ジャック) 
・レイチェル・リー・クック(シェリー)
・クラーク・グレッグ(オフィサー)
・ショーン・ハトシー(ダフィー)
・スターク・サンズ(ティム) 

■あらすじ■
●11:14 ジャックが深夜、恋人に会うため国道沿いをドライブしていると、突如車に衝撃が走る。車を降り確認するとそこにはなぜか顔が潰れた死体があった・・・。
●11:09 ティミーが友人たちとドライブをしていると、調子に乗った仲間が悪ふざけを始める。車内の騒ぎがピークになった瞬間、交通事故をおこしてしまい・・・。
●11:04 フランクが犬の散歩に出かけると、立ち寄った墓地で顔が潰れた死体を発見する。娘が犯人だと確信した彼はその死体を隠蔽すべく、国道沿いの陸橋へ向かうのだった・・・。
●10:59 バジーがスーパーで働いていると、訪ねてきた友人のダフィから虚偽の強盗事件を持ちかけられる。はじめは彼女だったが、ある事故からあとに引けなくなってしまい・・・。
●10:54 シェリーが恋人と墓地でふざけていると、突然彼が死んでしまう。焦った彼女はダフィに罪をかぶせるべく隠蔽工作を図る。が、その後は墓地に戻るとなぜか死体が消えていて・・・。
 ・・・錯綜する5つの事件と、交錯する5つの人生―。


11147.jpg

11148.jpg

■かんそう■
こんな、出来すぎ偶然有りえない・・と思はない事が肝心です(^o^)

顔見知り程度の登場人物達、PM11:14以前の数十分間に起きた
出来事をオムニバス形式で、描いてありました。
これが、別々のようで、巧妙に計算されガッツリ繋がってる。

事故事件・そこに至、それぞれの事情も描かれ、退屈しない。
時間がアッチコッチ飛ぶ為、ながら見すると理解不能になるの必至

最初と最後の人物が、繋がってたなんて予測不可能。
強引な気はしますが、まあ良いか。11:09は自業自得だが痛い!!

見た目天使、心は悪女のシェリーを核に、パズルが埋まる感覚
そして、シェリーにも運命の11:14分が訪れ天罰が・・のような流れ
が、後半まで、彼女が、核だと言う事すら分からぬ凝った作りで

ヒラリー・スワンク主演だと歌われてますが、物語の1ピース。
しかし、さすがに存在は印象に残ります。

タイムミステリー苦手な私でも、意表突く展開の連続
スピード感、全員の接点を徐々に解き明かして行く手法
ボケ部分も有りますが、最後まで目が離せなくなり楽しめました。

お気に入り度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年06月06日 (水) | 編集 |
misu1.jpg

■2007/6/2日DVD発売 ■アメリカ制作 ■101分

■監督 ・ジョナサン・デイトン ・ヴァレリー・ファリス

■出演
・グレッグ・キニア(父リチャード)
・トニ・スコット(母シェリル)
・スティーブ・カレン(伯父フランク)
・アラン・アーキン(爺ちゃん)
・ポール・ダノ(息子ドウェーン)
・アビゲイル・ブレスリン(娘オリーブ)

■あらすじ■
“リトル・ミス・サンシャイン”コンテストに参加する娘のオリーブを連れていくために、アリゾナからコンテスト会場のカリフォルニアまでオンボロのミニバスで移動することになったフーヴァー一家。独自の成功論を振りかざす家長のリチャードとヘロイン常用者で言いたい放題の祖父、失恋で自殺まで図ったフランク、家族を嫌って沈黙を続けるドウェーン、バラバラな家族を必死でまとめようとする母、そしてビューティークイーンを夢見るオリーブが乗ったミニバスに次々と危機がふりかかる!?

miss2.jpg

miss5.jpg

■かんそう■
バラバラ負け組家族が、オンボロバスに乗り込み幾多の
困難を乗り越えながら再び、家族の絆を取り戻して行く
ロードムービー・・・コンパクトに、まとめられ心温まる楽しい映画

何とも、ユルゥ~イ間がグッド!! ドヨン~としてて笑い誘います。
登場人物の、悩みもシッカリ描かれてて、それぞれのキャラ光り
混ざり合い、本当の家族みたい。

ドタバタなのに、大げさに感じなかったのは内容がシッカリ
有ったからだと思います。

飛んだ爺ちゃんが、孫娘に残した言葉
「チャレンジせずに、逃げるのが負け犬」・・スジが通っとります
その言葉を胸に、オリーヴは、果敢にコンテストに挑戦。

堂々と胸張ってステージに立つ娘、レベル違いにオロオロしてた
家族も、いつしか一丸となり、娘を盛り立てる。
どんな時でも、オリーブは、家族の中心で輝く太陽だったのだと

オリーブの無邪気で純な笑顔・・・家族の宝物だよ。

ラストで、家族はコンテストよりも、1番大切な物を探しだし
ドタバタやりながらも、帰って行く姿に、嬉しくて私も笑顔に
派手さは無いけど、ナチュラルで素敵な家族旅行物語でした。

一言・・さすが、あの豪快爺ちゃんが振り付けした踊り。
色気ムンムンダンスなのに、幼児体型のオリーブが踊ると微笑ましい

お気に入り度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年06月04日 (月) | 編集 |
puru1.jpg

■2006/12/22日DVD発売 ■アイルランド/イギリス制作 ■127分

■監督 ・ニール・ジョーダン

■出演
・キリアン・マーフィ(キトゥン)
・リーアム・ニーソン(リーアム神父)
・ルース・ネッガ(チャーリー)
・ローレンス・キンラン(アーウィン)
・スティーブ・レイ(バーティ)

■あらすじ■
アイルランドの小さな町で教会の前に捨てられた赤ん坊は、近所の家の養子となり、青年になる頃には自分の名を”キトゥン”と呼び、カミングアウト。時はアイルランド独立運動が盛んな頃で、革命やロックに若者は酔いしれていた。そんな中、キトゥンは実の母親を探しにロンドンへ。マジシャンの助手、街頭での売春、テロの容疑者、そしてストリッパーと様々な遍歴を重ねる。そしてついにキトゥンは念願の母親の家を突き止める。

puru2.jpg

puru4.jpg

puru3.jpg

■かんそう■
「神は彼に、ほんの少しの試練を与えた」・・って与え過ぎ。
現実的に考えると、そら凄い波瀾万丈の人生で
それを感じさせない、演出・・・楽しい映画に思えてしまう。

展開も面白い・・次々と、キトゥンの周りの人々&歩んだ人生
が、紹介文のように綴られ、全て繋がってる。

キトゥン、どん底の人生なのに、明るく前向きに
必死に生きてる姿が、ケナゲで可愛い。抱きしめたくなっちゃた

人に利用されボロボロなのに、他人への優しさ&希望を捨てない彼。
お気楽に見えるが、心は一途で純粋そのもの。優しさ溢れる人間で。
そんな彼だから、周りも、ほっとけないんだよね。

「ママを探してパパを見つけた」この台詞、心にジンワリ来て
ラストで、自分の居場所を探し出しキトゥンは、父&友達
即席家族と共に穏やかで、幸せな人生が訪れホッとした。

でも、きっと、ドタバタ波乱は続きそうで想像すると笑える。

この映画、評判良いの分かります。時代背景、人間の人生を描いてあり
重いのに、ファンタジーのように小鳥が舞飛び喋る、柔らかい感覚
そして、「sugar baby love」のテンポに乗り軽快爽快。

見やすい作りで、キトゥンの行動に呆れたり、笑ったり
シンミリしたりで、面白くて楽しめました。

お気に入り度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年06月03日 (日) | 編集 |
tori11.jpg

■2007/6/2日DVD発売 ■アメリカ制作 ■125分

■監督 ・ケビィン・レイノルズ

■制作総指揮 ・リドリー・スコット

■出演
・ジェームズ・フランコ(トリスタン)
・ソフィア・マイルズ(イゾルデ)
・ルーファス・シーウェル(マーク)

■あらすじ■
戦闘で瀕死の重傷を負った騎士トリスタンは、敵国アイルランドの海岸に流れ着く。彼を、献身的に介護したのがアイルランド王の娘イゾルテ。粗末な海辺の小屋で、2人は自然に結ばれる。だが、運命の女神は残酷だった。コーンウォールの領主でトリスタンの育ての親でもあるマークとイゾルテが政略結婚することになったのだ。側に居ながら、見つめ合うことさえ許されない2人。ついに、2人が情熱を抑えきれなくなった時、彼らの愛は国を滅ぼしかねない危険なものへと変ぼうしていく。

tori2.jpg

tori8.jpg

tori5.jpg

■かんそう■
苦手なラブストーリーなのに、ジェームズ・フランコの
魅力に負けて、見てしまいました

「ロミオ&ジュリエット」の元となる、お話だそうですが・・。
見るも悲恋・・語るも悲恋、叶わぬ愛物語なのですが
以外と、ベッタリしたクドサは無かった。

政治問題&戦闘シーンーが多いからかな?
おかけで、ラブ苦手な私には、丁度良いロマンス映画で
ラストまで、よそ見せずに、見入っておりました

とにかく、巡り合わせが悪い。全て、裏目に出てしまう運の無い2人で

命の恩人マーク王と、愛するイゾルデの間で、苦悩するトリスタン
彼、映画中での笑顔は数えられるくらいで
瞳が、ズート潤んでるの・・・ヘロヘロになりそうでした( ̄m ̄〃)

燃えさかる情熱を抑えてるトリスタン&イゾルデ
見てる側も、辛く、息苦しくなるようで・・ん~素敵。
マーク王も、2人の裏切りを、許す所なんか男気見せてくれるし

映像面も、ファンタジーの幻想感、時代ロマンの重厚感も感じます。
が、少し内容は物足り無気しましたが、久々のラブストーリー
たまには、こんな叶わぬ想いも、切ない気持になって良いモノです。

ジェームズファンには「猫にマタタビ」状態の映画です・・(^◇^)
リドリー・スコット監督が撮ってたら、又違ったかな?

お気に入り度 stars-3-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年06月01日 (金) | 編集 |
purizun41.jpg

■2007/5/19日DVDレンタル開始 ■アメリカFOXTVドラマ

■第7話 【埋蔵金】  ■第8話 【デッド・フォール】

■出演
・ウェントワース・ミラー(マイケル)
・ドミニク・バーセル(リンカーン)

purizun46.jpg

purizun43.jpg

■かんそう■
6話、警官に通報されたとドキドキ・・女警官の自宅でした(汗)
ナンチュー、ドラマのような話で・・ドラマだって!

ティーバックとマイケル、意見の相違は有りますが、とりあえず
警官親子を拘束して、とうとう埋蔵金掘り出し成功!
ケラーマンの策略により、息子を保釈されたリンカーンは、向かえに。

一方、サラ・・ケラーマンの正体を知った父親は殺され
彼女にも、魔の手が・・父親の残した1本の鍵・・・あれは?

ヘイワイヤーは、相変わらず犬と戯れ、オランダへの夢を膨らませて
ますが・・・・彼は、宇宙人なんで可。今の所、和みキャラ(^◇^)

この回で、衝撃的だったのはトウィナーの死でした。
初めて彼の見せた、仲間や彼女への真実・・もろくも打ち砕かれて
マホーンって、いったい? 法に忠実な捜査官では無く、異常な殺人鬼。

マイケル達は、金を手に、出発しようと・・ところが
スクレが・・今更、何改心してんだ! 又、障害発生。

purizun42.jpg

purizun44.jpg

あれあれ~、スクレ&マイケルの共同計画だったんですか
いつ、そんな計画立てたんでしょうかヽ(´▽`)/へへっ
しかし、その上を行く、ティーバック・・まんまと騙された2人

狐と狸の、化かし合いみたいで・・ただ、ティーバックの弱点は
執念深い所・・彼の行動は、復活したベリックに見抜かれてるし
スクレ、もうダメかとドキドキ・・マイケル、見捨てず信頼関係堅し

リンカーンは、まんまと息子LJを奪還してマイケルとの約束の場所
へと・・・が、サラは、命を狙われ、必死にマイケルからの暗号を
解いてる状態で・・それを見逃すケラーマンでは無いのです。

一方、マホーンは、異常行動をFBI内部で疑われ始めますが
黒塗りの履歴書は、いったい、こいつ何を、やらかしてる男なの?
ここで、とうとうケラーマンとマホーンが繋がります。

スーツ着た冷血な殺し屋、2人つるめば最強・・マイケル勝てるのか?

さてさて、今後ティーバックは、そしてマイケルは金を取り戻し
サラや、リンカーンと無事会えるのか? ハラハラ続きです。

よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。