大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年04月30日 (月) | 編集 |
sai1.jpg■2007/4/18日DVD発売

■アメリカ制作 ■101分

■監督 ・ジェフリー・サックス

■出演
・マイケル・キートン(ジョナサン)
・チャンドラ・ウェスト(アンナ)
・デボラ・カーラ・アンガー(サラ)
・イアン・マクニース(レイモンド)



■あらすじ■
ジョナサンは作家のアンナと再婚し、幸せの中にあった。しかしある日、アンナが姿を消す。ほどなく車は発見されるも、彼女の姿はなく、彼の心は不安定になっていく。そんなある日、見知らぬ男レイモンドがやってきた。アンナは死んでおり、彼女の声を、EVP(電磁音声伝達現象)で聞き、やってきたのだと言う。やがてアンナの遺体が発見される。半年後、奇妙な現象に見舞われるようになったジョナサンは、レイモンドを訪ね、EVPの録音に妻の声を聞くのだった。
sai3.jpg

sai2.jpg

sai9.jpg

■かんそう■
EVPと言う機器は、実際に有り、世界各地で、実験されている
愛していた家族&恋人、死後の世界からでも、かまはないから
声が聞きたい。そう願うのは当然だと思います。

想像してたより、面白かったと思う。
恐いが、目から入るのでは無く、精神的にジワジワ。
しかし、展開スピードが遅いので、マッタリ感は否定できず。

アンナからのメッセージ途中に入る、悪霊の怒り、うめき声、恐い
ジョンは、アンナの声が聞きたい一心で、EVPにのめり込んで行く
のですが、既に悪霊に取り憑かれていたのかも

死霊の世界に経験も無く、踏み入り干渉する事は命取りな行為。
善霊だけで無く、悪霊も存在してるのだから・・・。

興味本位であれ、誰でもが見たい聞きたい、霊の姿&声
スーパーナチュラルを、テーマにした映画で興味深かった。

ただ、アンナの死が?ジョンを、死霊の世界へおびき寄せる為? 
それとも、偶然選ばれたのか?・・他にも曖昧な部分が多々有り。

それと、悪霊がジョンを襲うシーンーがねぇ~。
精神世界の話なのに、悪霊が、実際手を下す・・ここで、転けた(汗)

死後の世界、今現在不明なんだから、こんなリアルオバケ姿
で締める必要は無かった気がするんですが。

お気に入り度 stars-3-0.gifstars-3-5.gif


宜しかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




スポンサーサイト

2007年04月28日 (土) | 編集 |
God1.jpg■2007/4/26日DVD発売 

■アメリカ/カナダ制作 ■102分

■監督 ・ニック・ハム

■出演
・ロバート・デ・ニーロ(リチャード博士)
・キャメロン・ブライト(アダム)
・グレッグ・キニア(父ポール)
・レベッカ・ローミン(母ジェシー)



■あらすじ■
8歳になった愛息子アダムを交通事故で亡くした夫妻は、幸せな日々から一転、絶望の淵に立っていた。そんな2人の前に遺伝子学者リチャードが現れ、「クローン技術」でアダムを再生することを提案する。1年後、アダムは新たに誕生。夫妻は再び幸せな生活を手に入れたかのように思えたが、アダムは8歳の誕生日に異変を示す。

god2.jpg

god44.jpg

god3.jpg

■かんそう■
・・・・・普通?・・イマイチ

旬の題材ですし、クローン最先端の技術を見せる所も面白い。
次ぎ子供が産めない夫婦の倫理に反した願いも理解できます。

8歳で、死んだアダム・・8歳以降の行動が未知の世界。
ここで、悪魔に心を売った博士の思惑が、見え始め。
デニーロの切れ具合は、さすがに、迫力あります。

瞬間的に、ドキッと恐いシーンも有るのですが、そこそこ
ただ、アダムの遺伝子は純粋で無く、凶悪な遺伝子が混ざっている。
予測の部分で、二重人格になる危険性が潜んでいる。

近未来に有りえない話では無い・・そう思うと、かなり恐い話です。
より強い人格が、弱い人格を押しつぶし・・殺人鬼が生まれる。

ラストも、凶暴なアダムは隠れてるだけ。生存し続ける。
不気味な終わり方でした。

しかし、映画として見ると、ん~・・凶悪部分のザカリーの心が
適当に描かれてるので、よく理解できず(汗)
展開的には、前半は良い感じなんですが、後、テンポが遅くて
中ダルミしてしまいました・・正直、あんまり面白いとは思えない。

stars-2-5.gifstars-3-0.gif


宜しかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング





2007年04月26日 (木) | 編集 |
cha1.jpg■2007/4/25日DVD発売 

■カナダ/イギリス/アメリカ制作 ■107分

■監督 ・トニー・ギグリオ

■出演
・ジェイスン・スティサム(コナーズ)
・ライアン・フィリップ(シェーン)
・ウェズリー・スナイプス(ローレンツ)
・ジャスティン・ワデル(テディー)

■あらすじ■
銀行を強盗グループが襲撃、人質を取って立てこもる。リーダーのローレンツは、ベテラン刑事コナーズを交渉役に指名。コナーズは前事件で問題を起こし謹慎中の身、警察幹部は若手刑事シェーンを相棒につけることを条件に復帰させる。コナーズは、現場に赴きローレンツとの交渉するも、一向に進展せず、ついに強行突入を決断、だがSWATの勝手な行動が混乱を引き起こし、犯人達を逃がしてしまう。ところが、金庫からは、何故か何も盗まれず、ローレンツの不可解な行動に謎は深まるばかりだった。

cha2.jpg

cha3.jpg

cha4.jpg

■かんそう■
「ある行為が、他の行為を引き起こし・ついにはパターンが生まれる」
カオス理論、難しそうだけど、普通に起こってるような・・。

この映画、そんな小難しい話では無く、裏の裏をかく
凝った、頭脳犯罪アクションだと・・そこがカオス理論か?

ライアンも、肉体派2人に負けず、派手なアクション魅せてるし・・。
3人の、バランスが、良く、上手くまとまってて見やすい。
妙に、存在感有る大物が居ると、スピードが止まってしまうので(^_^;)

ただ、ラストの大どんでん返しが・・少し、甘くインパクト弱し
ソツ無く、ヒネッテ有るのですが、意外性を、あんまり感じず
・・真犯人に驚きが無しで

そこが、チョイ物足りない感じはするのですが、全体通しでは
爆破シーン、アクションシーンも、ド派手で迫力有ったし
展開スピードも速くて、退屈せずに楽しめて面白かったです。

頭脳派の、ジェイスンさん、始めて見た気がするが知的な雰囲気
も、クールで似合ってましたね。ヽ(´▽`)/

stars-3-5.gifstars-4-0.gif

宜しかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年04月25日 (水) | 編集 |
ro1.jpg

■2007/4/20日~公開中 ■アメリカ制作 ■103分

■監督 ・シルベスター・スタローン

■出演
・シルベスター・スタローン(ロッキー)
・マイロ・ヴィンティミリア(息子ロバート)
・バート・ヤング(ポーリー)
・アントニオ・ターヴァー(現王者ディクソン)
・ジェラルディン・ヒュース(マリー)

■あらすじ■
かつてボクシング界の栄光の階段を昇りつめたロッキー。しかし今では愛する妻に先立たれ、息子は家を飛び出し、孤独とともに日々を過ごしていた。そんな中、かつての馴染みのバーに立ち寄ったロッキーは、マリーというシングルマザーと出会う。その後彼は、心の喪失感をぬぐうために、再びボクシングを始めることを決意するのだったが…。

ro2.jpg

ro3.jpg

ro4.jpg

■かんそう■
男らしい女の私、これ見たくて行ってきました。
初代は、薄覚え。続編は未見・・理解できるか?不安・・大丈夫でした!

ロッキー、息子、周りの人々、それぞれ心の戦い、絵かがれてる
部分が多く、人間ドラマがメインで女の私でも、見やすい内容でした。

一人前になれないと、愛しながらも、父を非難する息子。
過去から、自分に自信が持てないマリー。
今だ、心に熱い情熱を持ちながら、戦う事に迷うロッキー。

混ざり合い、反発しながらも、それぞれが支え合い解決して
行く姿・・大げさで無く静かに、ジワリと心に響きます。

吹っ切れてからは、もうロッキーワールド全開。
名曲に乗り、俄然パワーアップ・・熱いぞ。私も、血圧上昇(^o^)
マリーの「戦うのがボクサー」良いな~、この言葉。

よれよれコンビのロッキー&ワンコ・・ワンコもナイス。
試合も、会場で、実際応援してるような白熱の臨場感。

人生アキラメズ立ち向かえ、前向きに生きる事の大切さ教えてくれる
映画で楽しめました。内容は至って直球・・素直に見る事が肝心。

★★★★

宜しかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング





2007年04月25日 (水) | 編集 |
beyond11.jpg■2004/5/2日DVD発売 ■劇場未公開

■ドイツ制作 ■107分

■監督 ・オラン・イッテンバッハ

■出演
・ダレン・シャラヴィ
・ハンク・ストーン
・ラッセル・フレンデンバーグ
・クリス・クリーシャ
・キンバリー・リーブ



■あらすじ■
新米記者ビビアンは、墓守人フレデリックに取材を申し込む。墓地に眠る死者たちのエピソードを記事にしようとしたのだ。彼は静かに語りだした。墓地には、虐殺されたギャング一味が眠る一角があった。彼らの死は永遠の命と権力を与えるという、伝説の「永遠の心臓」を巡る争いの為だと。そしてフレデリックの話は何百年も昔へ・・。中世から、「永遠の心臓」は存在し、虐殺は繰り返されていた

beyond.jpg

beyond3.jpg

beyond44.jpg

■かんそう■
レンタル店で「オススメ」のシール・・・本当に強烈でした。
悪魔の子の、心臓を巡り、中世から現代へと、繰り返される殺りく話

現代で、女性がレイプされた直後、窓から落とされるのですが
直後なのに、シッカとズボン履いてたり・・落下シーンはどう見ても
合成・・・と、まあ、内容的にはB級漂ってます(^_^;)

何が、強烈かと言うと、惨殺グロ場面です。
現代での、ワイヤー首切り、ハンマーで頭殴打・・射殺
中世での、拷問・・全て、絶命まで、シッカリ描写されてて・・・。
これは、映画で作り物・・と自分に言い聞かせないと直視でき無い。

ここまで、見せるかドイツホラー! 猛烈以外、表現無し。
「テキサスチェーンソービギニング」が、可愛い・・と思えたよ。

ラスト間際の悪司祭が、地獄で受ける罰も半端じゃない。
地獄絵巻そのもの・・かなりの、グロさにクチアングリ・・。

血の臭いがしてくるような、錯覚受けるくらいの映画。
話は、そこそこ・・なのですが、最近のホラーは物足り無い
そんな方には、向いてる・・かも。私は、もうお腹イッパイ(-_-)

★★★★←グロ描写のみの採点です。

宜しかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング





2007年04月22日 (日) | 編集 |
白くじらさんから、渡されました「愛しのモンスターバトン」です。
タッチ、ありがとうございます(-^□^-)

基本的に、あまりモンスター物を見てないせいか、純粋?に
モンスターが頭に浮かびません。
で、妖怪やら、人間から変貌し、私から見たら怪物・・と言う
雰囲気物も、入り乱れております・・・ご容赦( ̄ー+ ̄)ニッ!

【1】好きなモンスターは?
mon1.jpg mon2.jpg mon3.jpg

「エイリアン」は、断突! あの、酸血&ヨダレ&美しまでの肉体
誰も敵わない、攻撃力。最強モンスター・・文句無し(^_^)v

「ターミネーター」、金属なので溶けると言う弱点は有るにせよ
プログラムに忠実なシモベ・・最高のボディーガードにもなる
頼もしい奴・・・違う?

「悪魔の毒々モンスター」最強の、くだらなさ&お下劣!!
オッパイ丸出し・・ウ○コは、ブーブー噴射。凄まじい、オバカ映画。
毒々は、いじめられっ子少年が、有毒産業廃液に落下した事で
気は優しくて力持ちに。ハチャメチャだが、正義の味方。モップ万歳。

「マーズ・アタック」の火星人も大好き。キュートで可愛い脳みそ
しかし、凶暴・・このギャップがソソル。

【2】嫌いなモンスターは?
mon14.jpg mon12.jpg

「スターシップ・トゥルーパーズ」黒山のごとく、押し寄せる虫系は
苦手です・・この映画のバグ軍団・・頭脳&偵察バグは、許せるけど
攻撃バグは、カマキリ君みたいで、本能的に無理。でも映画は好き。

「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラム・・臭そう(-_-)
モンスターって、大抵可愛い部分が有ったりするんですが
ゴラムは、爪の中真っ黒、歯が汚れてて、髪は腐ったワカメが数本
気色悪い以外に発見できず。それ程、リアルの裏返し。

【3】鳥肌のたったモンスターは?
mon11.jpg mon16.jpg

「ヘルレイザー」ピンヘッド・・魔導師のボス。キューブボックスを
開いたら、貴方を究極の快楽へ、有無も言わさず引きずり込みます。
安易な考えで開けてはダメ・・後悔先にたたず。厳重注意。

「リング」貞子・・テレビから、這い出すシーンは恐い!
現実に有ったら、腰が抜けて動けなくなりそう・・ブルブル

【4】ペットにしておきたいモンスターは?
mon8.jpg mon5.jpg

ヨーダはね、ペットと言うか、師匠で・・是非とも、フォースを伝授
していただきたい・・・イエス、マスター。

ギズモ・・もうスリスリ。こんな可愛いモンスターは他に居ない。
お約束は、厳守するので、我が家へカモン!!
失敗して、グレムリンになった時の事は、今は、考えまい(^◇^)

【5】あなたが、襲われても良いモンスターは?
mon21.jpg

「インタビュー・ウィズ・バンパイア」のルイス限定!
基本的には、誰にも襲われたくないけど、ルイスなら可( ̄m ̄〃)
レスタトは嫌です←キッパリ

【6】こいつにだけは、襲われたくないモンスターは?
これは、どう考えても「エイリアン」ですね。
生存可能率が、0%以外に無いもの。

【7】こいつには、勝てる! モンスターは?
mon111.jpg

「妖怪大戦争」ナイナイ岡村さん演じた、妖怪アズキ洗い。
アズキを洗ってるだけの、お気楽妖怪、絶対勝てる気がする(^o^)

【8】次ぎに回す方は?
これはぁ、怪物系&ホラー系の好みの方が・・なかなか(汗)
得意じゃない、嫌い・・それは重々、承知しております
全部埋めなくても、殺人鬼が入いろうが、ダブリもオーケーですので
気が向いたら、挑戦してみてね。スルーでも全然オーケーです
完成は、いつでも関係無し・・気長~で、どうぞ。

「ジョニーからの伝言」hiro君
「小部屋日記」アイマックさん
「MOVIE FLOWER 」ericaさん
「POINT OF シネマ」ネコとゴリラさん

やってみたい・・と言う方は、気軽に持って帰ってくださいまし。
完成されたら、1報下さいね。伺わせていただきます(^_^)v

■コピペ用

【愛しのモンスターバトン】
1.好きなモンスターは?
2.嫌いなモンスターは?
3.鳥肌のたったモンスターは?
4.ペットにしておきたいモンスターは?
5.あなたが襲われてもいいモンスターは?
6.こいつにだけは襲われたくないモンスターは?
7.こいつには勝てる!モンスターは?
8.次にまわす人たち

宜しかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング





2007年04月20日 (金) | 編集 |
snak1.jpg

■2007/4/20日DVD発売 ■アメリカ制作 ■107分

■監督 ・ディヴィッド・エリス

■出演
・サミエル・L・ジャクソン (フリン)
・ジュリアナ・マーグリーズ (クレア)
・ネイサン・フィリップ (ショーン)

■あらすじ■
ハワイのオフロードをバイクで走っていたショーンは、偶然、大物ギャングのキムが検事を殺している現場を目撃してしまった。目撃者を消すため組織の魔の手が迫るが、ショーンはFBIのフリンの助けで危機を脱する。そしてショーンはフリンの護衛のもとロスへと向かい、キムの悪事を証言することに。2人は民間の航空機へと乗り込むが、それを察知したキムは、航空機に“暗殺者”――大量の毒ヘビを送り込むのだった。

snak5.jpg

snak3.jpg

snak7.jpg

■かんそう■
ヘビ!・・無数の毒ヘビ!・・選り取りみどり・・目まいがしそう。
どこまでが本物かCGか? 区別が付かないくらいリアル。
胴体がヌメヌメ光って・・・目にも止まらぬスピードで襲ってくる。

噛まれると、猛毒に人間の体は変色して死に至る。
毒を眼球に向かって噴射するヘビ・・色とりどり鮮やか。

オッパイに噛みつくは、チ○コには噛みつくは・・・。
笑い所も有りますが(^_^;)

高度10000メートル逃げ場無し、ヘビ&墜落からの生還サバイバル。
俳優陣のパニック度合いも、気合い入ってて、体張ってます。
ハラハラドキドキの連続で、目が離せなかった。

命賭の着陸が、プレステ2にはチョイ参ったな・・蛇より恐いよ
ラストは、フリンがクレアを食事に誘う、定番過ぎだけど( ̄m ̄〃)

流れは、単純な話なんですが、ヘビの恐怖を存分に味わえる
モンスターパニックで、楽しめ面白かったです。

stars-3-5.gifstars-4-0.gif

宜しかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年04月19日 (木) | 編集 |
iou2.jpg

■2007/4/20日DVD発売 ■アメリカ制作 ■141分

■監督 ・クリント・イーストウッド

■出演
・渡辺 謙 (栗林中将)
・二宮和也 (西郷一等兵)
・伊原剛志 (西竹中佐)
・加瀬 亮 (清水上等兵)
・中村獅堂 (伊藤大尉)←海軍の大尉は、陸軍の中尉と同等だそうで)

■あらすじ■
1944年6月、戦局が悪化を辿っていた太平洋戦争下の、硫黄島に一人の将校が降り立つ。新たに指揮官に任命された陸軍中将栗林には駐在武官としてアメリカに滞在した経験があり、誰よりも米軍の強大な実力を知り尽くしていた。彼は反発する古参の将校達を押し切り、防衛計画を練り直す。今までの上官とは違い、合理的な思想を持つ栗林の存在は、日々の生活に絶望していた西郷らに新たな希望を抱かせる。

iou5.jpg

iou4.jpg

iou6.jpg

■かんそう■
太平洋戦争の背景、この時代に生きてた訳でも無いので
本当に、こんな戦いだったのか分かりません。
しかし、日本映画?・・と思わせるくらい違和感が無かった。

日本人の気質、誇り、死への疑問・・それが伝わり感情移入しちゃう
感動させよとする、作りでも無いし、死と直面する日本兵達の
恐怖&家族への想い・・それを、簡単に絶ち切る、戦闘。

見てる側に、戦争って? 両国合わせて5万人以上の兵士を犠牲に
しても価値有るモノなの?・・疑問だけが残ります。

俳優陣、さすがに上手い。二宮さん上官に口答えしたりして
当時は絶対服従・・だったとは思います。が、それでは映画に
ならないし(汗)戦闘シーンも凄まじい・・やはりハリウッド映画。

兵士の感情と裏腹に進む、戦争が淡々と描かれ、内容&映像共に
見応え充分・・141分間、引き込まれました。

皆、生きて、家族の元に帰りたかったと思うし、当然だと・・
せめて、「靖国で会おう」の何が悪い!?

★★★★★

宜しかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年04月19日 (木) | 編集 |
■2007/4/4日DVD発売

■アメリカ制作 ■90分

■監督 ・ジョセフ・アリオラ

■出演
・キム・ダガート
・アントニオ・マストラントニオ
・サル・サーキア
・ジョリ・ジュリアン

■あらすじ■
近所でも評判の愛すべき少年リコ。彼は父が葬儀屋のため、同級生グループからは気味悪がられていた。ある日の学校集会終了後、同級生グループはリコにいたずらを計画するのだが、それが悲劇の始まりだった。数十年後、その町に、次々と起こる若者の惨殺事件。現場には「ノック・ノック」と血で書かれたメッセージが・・・。

■かんそう■
又、やっちったかなぁ~、雰囲気借り失敗( ̄ー+ ̄)ニッ!

オツムの弱い、掃除係とか、出て来て、奇妙な雰囲気。
正体が判明するまでの、いきさつは複雑で凝ってるんだけど・・。

ブラ、スケスケの服来た、セクシー女刑事とか・・・
図書館のオバサンまで、ミニスカで、男に、胸すり寄せ
それに、鼻の下伸ばしてる、爺の元警官・・緊張感ゼロ。

訳分かんない・・スプラッタホラーに、何の必要有るんだ?(-_-)

ただ、惨殺シーン、シッカリ見えないにしても、なかなかグロ。
頭に杭打って、お腹焼いたり、腹部の解剖・・そして、歯を全部
抜いたり・・ヘタなホラーよりは、マシですかね。

しかし、残念な事に、内容表現が、あまりにも・・お粗末!
ラストなんか、ナンチュー、適当な終わらせ方(汗)
もう少し、丁寧に描けば、そこそこは評価できたのですが。

だいたい、爺様の元警官が、大活躍・・なんて話し有り?
リコ可愛そうね・・背高くて、おとこ前だったのに、あんな顔に

★★

宜しかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年04月17日 (火) | 編集 |
prada1.jpg

■007/4/18日DVD発売 ■アメリカ制作 ■110分

■監督 ・デビッド・フランケル

■出演
・メリル・ストリープ (ミランダ)
・アン・ハサウェイ (アンドレア)
・エミリー・ブラント (エミリー)
・スタンリー・トウッチ (ナイジェル)
・エイドリアン・グレニアー (ネイト)

■あらすじ■
大学を卒業し、ジャーナリストを目指しNYへとやって来たアンディが就いた職業は、一流ファッション誌の編集長ミランダのアシスタント。オシャレに興味の無い彼女は、次へのステップになればという軽い気持で・・しかし、ミランダこそは、絶大な影響力に誰もが恐れる、ファッション界のカリスマだった。朝夜無く、四六時中浴びせられるミランダの理不尽な命令に、いつしかアンディの私生活はめちゃくちゃに。恋人ネイトともすれ違いが続いてしまう。

prada2.jpg

prada3.jpg

prada4.jpg

■かんそう■
仕事か、愛か・・どちらが、自分にとって、本当の幸福なのか?
若いアンディが、社会で、もまれながら探し出して行く、物語。

ファッションに、ウトイので、出で来る、ブランド名や人物名
良くは、分からないのですが、ミランダとアンディの
掛け合いが楽しく、軽快で、テンポが良い。

ミランダの、貫禄有る存在感・・アンディの頑張るケナゲサ。
同僚のエミリーとナイジェル、脇もシッカリ、主役2人を支えてて
ナイジェルが居なかったら、アンディはくじけてたと・・。

仕事の鬼、ミランダが、アンディに見せる本心。
ミランダも又、悩み戦いながら、仕事が幸福だと選択してる。
常に戦闘モードの彼女のノーメイク姿・・心身共に疲れてるの感じる。
アンディは、暖かい愛を・・どちらを選んでも個人の幸福なんだと

ラストで、ミランダの心の優しさ、本心からの微笑みを見せてくれます
人生の選択は、自分が決める事・・人のせいにしてはダメですね。
と言いつつ、「あの時」・・・と、後悔の連続なんですが(^_^;)

映像的には、ゴージャスな世界ですが、物語自体は、それ程
深いとは思えません・・が、ツボはシッカリ抑えてあり
爽快感満喫、ラストまで楽しめ面白かったです。

stars-3-5.gifstars-4-0.gif

宜しかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング






2007年04月16日 (月) | 編集 |
sus1.jpg■2006/12/8日DVD発売 

■アメリカ制作 ■99分

■監督 ・エロリー・エルカイェム
■出演
・ディビッド・アークエット (クリス)
・カーリー・ワーラー (保安官サム)
・スカーレット・ヨハンセン (アシュリー)
・リック・オーバートン (副保安官ピート)
↑このジャケ・・どう見ても笑い誘うよねぇ。

■あらすじ■
アメリカの片田舎。産業廃棄物を積んだトラックがドラム缶を落とし、流れ出した有害物質は、近所のクモ・コレクターが世界中から集めた数百匹のクモを巨大化させた。町ではペットの動物たちが次々と姿を消し、これに気づいた少年マイクは保安官の母親サムと、数年ぶりに町へ戻ってきたクリスと共に、住民に危機を呼びかける。しかし巨大なクモたちは、すでに住民を襲い始めていた!

sus4.jpg

sus2.jpg

sus5.jpg

■かんそう■
白くじらさんが、紹介されていたモンスターパニック映画です。
クモの数が多い&デカイだけで無く、動きが速い!

ハエ取りクモが、地響き立て、猛スピードで飛びながら人間を襲う。
胴体が、赤のマダラ模様だったり、巨大タランチュラの体毛(>_<)
あぁぁ~、気色悪いぃ~・・けど、なかなかのリアル感。

物語は、昔ながらのモンスターパニック王道で、笑い所も多いですが
展開スピードが早い為、ドキドキハラハラする~。

匂いに敏感なクモ、香水かけられて、ジタバタしてる姿が可愛い!?
撃たれると、色とりどりの体液が飛び散りグチャッ・・ソソル~変態か

サムの娘、母親より色気あるなぁ~・・スカ嬢ですかぁ!ビックリ

ラスト、生存者は居ないと・・1回、調べてから、言おうよ。ヒヒ
ラジオDJの金歯がキラッと光、良いオチも付いててグッドです。

モンスター物、あまり得意では無いのですが
久々に、脱力感にメゲル事無く、楽しめ、面白かったです。

stars-3-5.gif

宜しかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年04月14日 (土) | 編集 |
■2007/4/6日DVD発売

■アメリカTVドラマ ■179分完結

■監督 ・クリスチャン・デュゲィ

■出演
・ミラ・ソルヴィーノ (ケイト)
・ロバート・カーライル (セルゲイ)
・ドナルド・サザーランド ( 移民関税局長ミーハン)


■あらすじ■
ある日突然 世界のどこかで 愛する娘や恋人が姿を消す
「ヒューマン・トラフィック」現代の奴隷売買物のように商品として売られてゆく

ICE(移民関税局)捜査官ケイトは、国際人身売買組織を追っていた。組織のボスはセルゲイという男で、世界各地で拉致した女性を密入国させ、全米に点在するアジトで売春を強要している。上司ミーハンに支えられケイトは組織壊滅に執念を燃やすが、狡猾なセルゲイはあらゆる証拠を抹殺し、法の網を逃れ続けている。ケイトは、自らがオトリとなり、危険な潜入捜査に挑む決意を固める。


hum12.jpg

hum4.jpg

hum8.jpghum9.jpg

■かんそう■
「豊かな国の、裏に存在する醜い部分」を描いた社会派サスペンス。
入り、売春強要された少女の、飛び降り自殺で、ツカミが効いてます。

モデルスカウトや、愛のササヤキ、貧困で親に売られる子供
さまざまな、手段で、世界各地で拉致され、売春を強要される
中には、臓器目的なども入っているのだと・・・・。

女性達の、落ちて行く姿、末路がメインに描かれてて
愛する者を人質に取られ、逃げられない・・幼い、少年少女も
多数居てヒドイ仕打ちを・・奴隷そのもの。怒りが込み上げてきます。

子供を必死に探す家族の、落胆する心も伝わって来て辛い。
役立たずになったら殺される・・事実にショックを受けます。

拉致された女性のメイン2人が、魅せる演技ですし
セルゲイを尋問するミーハン・・この対決、静かな火花が凄い

武器、麻薬、人身売買・・ブラックマーケットの売り上げ順
全て、需要が無くならない限り、根絶は無理なんだと。

179分と長時間ですが、苦にならず・・少し迫力に欠け
軽い感じですが、難しい作りで無く、分かりやすいし
見応はシッカリ有り。面白かったです。(表現が不適切か?)

★★★★

宜しかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年04月13日 (金) | 編集 |
zulo3.jpg■2007/4/6日DVD発売 

■スペイン制作 ■78分

■監督 ・カルロス・マルティン・フェレーラ

■出演
・ジャウマ・ガルシア・アリージャ (ミゲル)





■あらすじ■
目覚めると井戸の底で横たわっていたミゲル。目出し帽で顔を隠した2人の男に監禁された彼は、ロウソクとマッチ、わずかな食料などを与えられながら次第に精神を蝕まれていく。

zulo1.jpg

zulo5.jpgZulo.jpg

■かんそう■
1人キューブのようなストーリーですが・・・・。

目覚めると穴の中・・・排泄物用のバケツがポツンと・・・。
孤独なミゲルですが、犯人とのワズカな会話&交流が有る為
最初のうちは、かろうじて精神を正常に保ってます。

ですが、日に日に、精神&肉体が弱って行く姿・・危機迫るモノが
行動範囲限られた空間&台詞が少ない為、ミゲルの演技力勝負。

体には、皮膚病・・排泄物バケツは、あふれ・・発酵して泡が(-_-)
想像しただけで、嫌悪感を感じ・・見てる側が息苦しくなります。

ミゲルの精神が限界に来た瞬間、「生きる」と言う希望から
「死にたい」と言う絶望へ変化して行く・・死を選択する事が
唯一残された、精神維持の手段だったんですね~。

ラストでは、光り輝く屋外で目覚め、理由&目的などは
描かれず、ただただ、精神を追い詰めると人間は?・・に徹した作り。

面白い映画では無いのですが、期待せずに、見たワリには
ミゲルの壊れっぷりに、目が離せず、見入ってしまう映画でした。

★★★

よろしかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年04月11日 (水) | 編集 |
so1.jpg

■2005/5/20日DVD発売 ■アメリカ制作 ■81分

■あらすじ■
お腹にガスのたまった下品なカナダ人コメディアン、テランス&フィリップの映画が大ヒット。その映画をこっそり観た、サウス・パークの小学生の4人組、スタン、カイル、ケニー、カートマンが放送禁止用語を繰り返すように。「カナダに反対する母親の会」を組織するカイルの母を中心としたサウス・パークの大人達は、子供達の堕落を恐れ、コメディアンを逮捕、公開死刑にしようとする。2人を処刑から救おうとする子供達、そして世界を支配しようとするサタンで世の中は大混乱!

so2.jpg

so3.jpg

■かんそう■
ラルフさんちゃぴさん所で、紹介されていたアニメ映画です。

かなりキワ物、と言われてましたが、本当にキワドかったです(^o^)
入り、可愛いキャラが爽やかに歌う・・ファンタジーアニメの雰囲気。

後は、黒目のカナダ人は悪だ・・戦闘では、黒ちゃんの後ろに隠れろ。
サタンとフセインのベッドインシーンは、グロそのもの(笑)

血だらけ、お腹爆発・・・・ウヒョヒョ~(^^;)
スタンのゲロ吐きは、なかなかナイスでした。
さすが、「18禁」・・差別用語、下ネタ用語、バリバリ全開です。

アメリカで、旬の時事問題をテーマにされているようで
タブー問題に、あえてチャレンジされてるみたい。

ただ、ラストでは、それを子供達が止めようと努力する
戦争&差別はイケナイ事・・とマトメテ有るのでセーフ!

笑えるんだか、笑えないんだか、微妙で良く分かりませんが
「2005年エミー賞アニメ部門作品賞」受賞するくらいの秀作。

凝った絵では無いのですが、素朴で可愛いキャラ・・が、喋れば
毒舌4人組の、ファンになりそうです。
是非お子様と一緒に・・・嘘です!無理だと思いますヽ(´▽`)/

so6.jpg

←これポスターです。何だか欲しい・・
  ポップで、可愛いと思いませんか?













よろしかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング





2007年04月09日 (月) | 編集 |
cap2.jpg

■2007/3/16日DVD発売 ■アメリカ制作 ■114分

■監督 ・ベネット・ミラ

■出演
・フィリップ・シーモア・ホフマン (カポーティ)
・キャサリン・キーナー (ネル)
・クリフトン・コリンズJr. (ベリー)
・マーク・ヘレグリーノ (ディック)
・ブルース・グリーンウッド (ジャック)

■あらすじ■
1959年、カンザス州の田舎町で一家4人惨殺事件が発生。ニューヨークで事件を知った作家カポーティは、作品にしようと思い、現地へと取材に向かう。幼なじみの、ネルと共に、現場や関係者を訪ねて回るカポーティ。やがて2人の容疑者が逮捕されると、カポーティは彼らへの接近を試み、その1人ペリーの不思議な魅力に創作意欲を刺激される。ペリーとの面会を重ねる中で次第に、信頼を得ていくカポーティだったが。

cap6.jpg

cap3.jpg

■かんそう■
「何よりも君の死を恐れ、誰よりも君の死を望む」

有名で、明るく振る舞うカポーティ。自信の無さの
裏返しなのかなぁ~。繊細で傷つきやすい彼が感じ取れます。

本の為に、ベリーを利用するカポーティ。しかし、ペリーの生い立ち
に共感し、彼を救いたいと・・が、それでは本は完成しない。
ジレンマに、苦悩する姿が・・激しい、動作では無く表情で伝わる

カポーティにとって、ベリーは、友達? 愛?・・ただの道具?
本当の心は、読めないが・・誰でも、善人or悪人に簡単に変わる

死刑執行の日、カポーティが「精一杯の事はした」その言葉に
ネルが「生きて居て、ほしく無かったのね」と、これが全て
ベリーにも、分かってた・・それでもカポーティを心のヨリ所に。

カポーティは、自分を捨てた母親と同じで、ベリーを見捨てた。
それを、許せずに、それ以降、本を書かなかったじゃないかと・・
一生苦しんだのだろうと想像します。

正直、入りチョット退屈でしたが、容疑者が拘束されたくらいから
えも知れぬ、人間の冷酷な部分を感じ、グイグイ引き込まれる
見応え有る映画でした。「冷血」読んでみたくなりますねぇ~。

★★★★

よろしかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年04月08日 (日) | 編集 |
ai8.jpg■2002/6/7日DVD発売

■アメリカ制作 ■124分

■監督 ・テイラー・ハックフォード

■出演
・リチャード・ギア (ザック)
・デブラ・ウィンガー (ポーラ)
・デヴィッド・キース (シド)
・ルイス・コゼット・Jr (フォーリー)

■あらすじ■
青年ザックは、元兵士の不甲斐ない父と2人で暮らしていた。母は彼が幼い頃、父の不実が原因で自殺した。ある日、ザックは、夢だったパイロットになる為、父の反対を押し切り海軍士官養成学校に入学する。鬼軍曹フォーリーの厳しい指導のもと、他の士官候補生達と、過酷な訓練を受け始めた。数週間が経ち、休日を許可された候補生達は地元の盛り場へ。ザックは、町工場で働くポーラと出会い恋に落ちるのだが…。

ai2.jpg

ai6.jpgai5.jpg
ai3.jpgai4.jpg

■かんそう■
1982年の映画、昔&今見ても、「夢、友情、愛」
三拍子揃ったベタ・・なんですが、もう最高に良い! 好きだぁ~。

リチャードさんも、デブラさんも、若いぃ。
別にリチャードファンでも無いが、制服姿は、カッコイイ
教官役ルイスさんも、厳しい中に、愛情が溢れててグッド

過去から、人を信じない利己主義のザックが、教官に心を開き
仲間を助け、ポーラを本気で愛するようになる展開で、胸が熱くなる

親友のシドの自殺はね・・全てを失った、とは言え
そこまで、思い詰めなくても・とは思うけど・純粋さに心が痛かった。

ラスト、信じる心を取り戻したザックがポーラを迎えに・・。
有りえないけど、白馬の王子。今でも王子に憧れてるのか!?(^◇^)
最後は、究極のラブストーリー・・記憶に残る、名シーンーだと

青春まっしぐら、直球展開ですが、ラブストーリー苦手な私でも
士官学校の話や、人間ドラマなど入ってて見やすい作りで
私には、今だに、これからも傑作ブラボー映画です。

★★★★★

よろしかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年04月07日 (土) | 編集 |
bigi1.jpg

■2007/3/23日DVD発売 ■アメリカ制作 ■96分

■監督 ・ジョナサン・リーベスマン ■制作 ・マイケル・ベイ

■出演
・ジョルダーナ・ブリュースター(クリッシー)
・R・リー・アーメイ(ボイト)
・アンドリュー・ブリニアースキ(トーマス // レザーフェイス)

■あらすじ■
1939年、一人の赤ん坊が食肉処理工場で生まれた。その直後、肢体の不自由な子は包装紙に包まれ、ゴミ容器の中に捨てられた。たまたまゴミを漁っていた女に拾われた子はトーマスと名付けられ、女とその夫が暮らすヒューイット家で育てられる。彼は6歳の時から、動物を殺す異常性を持っていた。やがて9歳から食肉処理工場で働き始めた彼は、30歳の時工場が閉鎖された衝撃から工場長をハンマーで殴り殺してしまう。住む土地に異常な執着を持つヒューイット一家は、捜索に来た地元の保安官まで殺害する

bigi4.jpg

bigi6.jpg

bigi5.jpg

■かんそう■
レザーフェイスの生い立ちは、本編のオマケ程度。
大部分が、4人の若者を襲う恐怖・・テキサス残酷殺人ショー炸裂。

レザーフェイスも、ヒューイット一家も、工場閉鎖が無ければ
ここまで、残虐にはなって無かった気はするのですが・・。
って、初代とは、あんまりツナガリ、無いような

ボイトが、保安官制服を着た瞬間から、テキサスは地獄に。
彼が、1番狂人で、メインキャラはってましたね

物語の展開は、これまでと一緒、新鮮さは感じません
が、残虐シーン、どんどんエスカレート、笑い所無し、逃げ場無し。

生きたまま、肉そぎ落とすは、歯は抜くは、チェーンソーで
お腹に穴開けるは・・若者達は、ただの家畜&食料・・指煮て食ってた

ジワジワ心理的恐怖では無く、目から入るグロ重視。凄いぞぉ~。
ホラー好きの私も、眉間にシワで、梅干し顔に・・参ったな

シリーズと、展開ゴッチャ混ぜになりそうで、印象深とは・・
しかし、エゲツナイ仕上がりで、スプラッターとしては
過激で、凄い事に、なっちゃてましたぁ。

stars-3-5.gif

よろしかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年04月05日 (木) | 編集 |
gata1.jpg

■2005/9/28日DVD発売 ■アメリカ制作 ■106分

■監督 ・アンドリュー・ニコル

■出演
・イーサン・ホーク(ビンセント / ジェローム)
・ユマ・サーマン(アイリーン)
・ジュード・ロウ(ジェローム)

■あらすじ■
遺伝子操作により、完璧な子供をデザインする事が日常的になった近未来。社会は、優性な遺伝子を持つ「適性者」と「不適正者」に二分された階級制度の上に成り立っていた。ビンセントは、両親の自然なsexの結果生まれた「不適正者」。幼い頃から宇宙飛行士になる夢を抱く彼だが、それには「適正者」である事が絶対条件。運命を変えようと、ビンセントはDNAブローカーと取引を・・仲介で出会ったのは、ジェロームという「適性者」だった。最高級の遺伝子を持ちながら、事故で彼は、下半身不随になってしまったのだ

gata3.jpg

gata7.jpg

gata2.jpg

■かんそう■
お世話になってるfuuさんが、紹介されてた映画です

強烈インパクトは感じないが、物語の内容が深くて、恐い。
誕生直後に、寿命が分かり、欠陥があると、職業の選択権すら
与えられず・・夢も希望も存在しない。現実じみてて、恐かった

入れ替わっても、DNAが全ての社会、顔違うのに誰も気づかない
1人の人間として認知されて無いんです。嫌だよぉ~。

適正者の、ジェローム・・エリートの心も空っぽ
引かれたレール上を走り、成功して当然・・彼の人生もムナシイ
ビンセントの、運命に逆らおうとする努力が、眩しかったのだろうと

「夢をありがとう」ジェロームの言葉が印象に残ります。
人間の尊厳&自由を、題材にしてる映画かなぁ・・。
SF部分も、ハイレベルでガタカ社内、クールで無機質

ビンセントの命がけの夢に、登場人物達の、氷った心も溶け
人間本来の暖かい部分見せてくれ、ラストは、ホッ!とします。

ただ、ジェロームは、何故あんな結末を選んだの?
自分の完璧DNAを残したくなかった。
子孫(クローン)に、同じ苦悩を味合せたくなかった・・と想像

ドラマ部分、シッカリ描かれ見応え充分、面白かったです。

★★★★

よろしかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年04月04日 (水) | 編集 |
su1.jpg su2.jpg

■007/2/2日DVDレンタル開始 ■アメリカ制作 ■91分

■監督 ・マラッチ・ブラザース

■出演
・ジュリア・ルイス(アルマ)
・アルビン・カステロ(ブルホ)

■あらすじ■
ロサンゼルスへと向かうその列車には、様々な人々が乗り込んでいた。ブロンド美女、ビジネスマン、麻薬捜査官。何の変哲も無い様に見えたその列車は、しかしある2人の乗客によって惨劇の場となった。突然大量の巨大な蛇が出現。列車内を暴れ始めたのである。この危機を逃れる術はあるのか?そして蛇が巨大化した原因とは・・

■かんそう■
「スネークフライト」の便乗映画でしょう?・・多分題名だけ
覚悟は、してたのですが、ここまでB級炸裂とは・・(^◇^)
モンスターパニックだと思ってたら、「呪い?」ヘェ?

親に、呪いをかけられたアルマ・・緑ゼリー、血、蛇・・吐くは吐くは
心臓掴みだしぃ~の、皮膚は腐るのぉ~スプラッターホラーかと・・。
それなら、許せるけど、列車の乗客は、エロチックやってるはで(汗)

内容バラバラ、支離滅裂・・・収拾がつかないは( ̄m ̄〃)
見せ場の、大蛇が列車飲み込むシーンも、CG、お粗末過ぎて泣けた
「アナコンダ」レベルの、大蛇期待してると、恐ろしい目に遭います

ラスト、妙なオチネタが、残してあって、美女の足に噛傷が・・・。
何の為なんだ?・・まさか、続編でも!?・・お願いヤメテ

ただ、小さいけど、本物の蛇を、口に出し入れしてたアルマの
勇気と根性は称賛。アッパレ女優魂!(本人?もう、このさい誰でも可)

★★←アルマの根性に、1個おまけ

よろしかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




2007年04月02日 (月) | 編集 |
coni1.jpg

■2005/5/17日DVD発売 ■アメリカ制作 ■98分

■監督 ・マイケル・レンベック

■出演
・ニア・ヴァルダロス(コニー ■脚本)女優に脚本・才能豊かで羨ましい
・トニー・コレット(カーラ)
・デヴィッド・ドゥカヴニー(ジェフ)

■あらすじ■
子供の頃からスターになることを夢見てきた、コニーとカーラ。歌が大好きな2人は、恋人にバカにされようが、客が居眠りしていようが、空港のラウンジの、ちゃちなショーに立っていた。ところがある日、ボスがギャングに殺されるのを偶然目撃!口封じのためギャングに追われた2人は、命からがらロサンゼルスに逃れる。そこで身分を隠すため“女装した男”になりきってステージに出たところ、なぜか大ウケ。一躍人気者になるのだが…。

coni2.jpg

coni3.jpg

coni5.jpg

■かんそう■
女性2人が、ゲイになり、コニーがゲイ仲間の弟(ノーマル)
ジェフに恋をする・・と言う物語で、コメディ有り
人間ドラマ有りで、面白かったです。

脳天気な2人が、入りから笑えるし、化粧バリバリなんだけど
可愛いゲイに、なり切ってる所がナイス(-^□^-)
あか抜けない2人のステージが、どんどんゴージャスになって行く
所も見所ですね~。

ジェフと、男コニーのキスシーン・・マジメ男ジェフが、演技とは
思えない、リアクション披露してくれますし
2人を追う、ギャングの手下も、ミュージカルにハマッテ
追跡どころじゃ無いの。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

ジェフと、ゲイ兄との、心の交流もグッと来ますし、良い物語
でした。ギャングのステージ乱入シーンが、ドタバタに
なり過ぎかなぁ・・とは思ったのですが、まあ、有りと言う事で

逆ゲイ?だけど、難しい話でも無く、音楽満載ショー素敵だったし
爽やかで、チョット感動でき、楽しめる映画でした。
デビー・レイノルズさんって誰? 音楽系、とんと音痴なんで(汗)

stars-3-5.gif

よろしかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。