FC2ブログ
大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
| Login |
2007年01月13日 (土) | 編集 |
noel11.jpg■2006/8/26日DVD発売 ■アメリカ制作 ■96分 

■監督 ・チャズ・パルミンテル

■出演
・スーザン・サランドン(ローズ)
・ペネロペ・クルス(ニーナ)
・ポール・ウォーカー(マイク)
・ロビン・ウィリアムズ(チャーリー)







■あらすじ■
イヴに華やぐNY。しかしそんな日に、幸せからはじき飛ばされてしまった人々がいた。認知症の母の看病に明け暮れる、バツイチの独身女性ローズ。婚約者の異常な嫉妬深さに悩む、ニーナ。彼女を愛するがゆえ、つい嫉妬深くなってしまうマイク。偶然出会ったマイクに、執拗につきまとう老人アーティ。そしてローズが母のいる病院で出会った、謎の見舞客。それまで見ないフリをしてきた孤独や悩みに向きあった彼らは、この聖なる日に小さな奇跡と出会う。

■かんそう■
「イブの夜、ガラスの天使が運んでくる、小さな奇跡」
ササヤカだけど、素敵な大人のファンタジーで、嬉しい気分に・・。

1病院を舞台に、3つの話が、交差して行くのですが
接点は、有ったり無かったり・・でも、上手くブレンドしてあるぅ~。
やはり、スーザン&ロビンの話は、圧倒的な存在感で・・。

noel10.jpg

noel30.jpg

ペネロペ&ポールカップルも頑張って、真実の愛を探求してました。

「イブの夜を1人で過ごすのは寂しい・・2人で過ごすのも寂しい」
詩人だな!!・・側に愛する人が居ても分かり合えなければ2人でも
意味が無いっー事だよね・・って勝手に解釈(^_^;)

有りえない、魔法のような話なんだけど・・大げさでは無いの。
幸せな人には、些細な悩み・・が、登場人物達にとっては
奇跡と言う、イブの最高のプレゼントだよね~。

noel1.jpgnoel22.jpg
noel3.jpg

派手さ無いし、大泣きする感動でも無いの・・しかし、ラストでは
柔らかく心に響き・・見てる側にも、穏やかな
幸せを感じ取る事が出来る、心地良い、映画でした。

ペネロペ嬢、エキゾチックで、凄い魅力的!!女が惚れそうだ。
それと、ポールの警官姿に、鼻の下伸びちゃった(^_^;)
私って、隠れコスプレマニアかも・・危ないな。

地味でも、こんな内容有る映画に、沢山出てほしい。

★★★

参加中です↓ <(_"_)>ペコッ

人気blogランキング

くつろぐランキング



スポンサーサイト