大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年04月24日 (月) | 編集 |
teiking.jpg

2004年作品
出演者 アンジェリーナ・ジョリー。イーサン・ホーク。


1983年、カナダ。マーティン・アッシャーと言う少年が家出をする。
数日後、母親の元に彼が交通事故で死亡した、という知らせが届く。
 そして、現在。
建設現場で白骨化死体が発見される。
絞殺され、両腕を切断されてもいる被害者の死体。解決困難な猟奇殺人に警察レクレアは、FBIに捜査協力を要請。
捜査官イリアナは、犯人像を分析するプロファイルの天才だった。
そんな矢先、次の殺人事件が起きる。今度の事件には目撃者がいた。

その男コスタにイリアナは尋問する。
一方、死んだはずの息子をフェリーの中で目撃したと、アッシャー夫人が警察に届け出る。夫人は自分の息子を、とても危険な人間だ、と言い切った。イリアナはその証言を気にとめ、アッシャー夫人に会いに行く。イリアナの推理と捜査によって、息子マーティン
が生きていることが確実になる。彼は自分の死を偽装するため、
次々に殺人を繰り返し、被害者になりすましていたのだった。


(感想)

最初入り、計画的に旅の道連れになった青年を事故に見せかけて
殺してしまう場面、それまで、おとなしいマーティンの顔が
変わってます・・・いかにも、行っちゃってる殺人鬼。

目撃者を疑いながらも、その男に恋愛感情を抱いてしまい
捜査の核心が見えなくなってしまう捜査官を演じてる
アンジェリーナ・ジョリー、どんな役やってもセクシー。
サスペンス系でも似合ってましたし、他の配役もハマッテたと
思います。犯人役の俳優さんも、普通に見たら真面目な好青年!
人は見かけでは判断したらいけませんね。

ちなみに、アンジェリーン・ジョリーもろ胸が見えてました(汗)

内容の方は、どこかで見たような流れかな(汗)
猟奇殺人者で、顔は潰す、手足は切り落とす・・血まみれ。
それを追いつめる捜査官・・ん~ありがち。

ただ、犯人を取り逃がしてしまい、これで終わりか~と
思ったのですが、最後に、どんでん返し有ります。
なかなか、捕まえる方も策略家で、想像出来ませんでした。

最後は、しっかりマトメテ有る映画で派手なアクションは
ありませんが、見応えそこそこ。

■自己中評価stars-3-5.gif


スポンサーサイト

2006年04月24日 (月) | 編集 |
harri1.jpg


2005年作品

世界の三大魔法学校が魔力を競い合う伝説のイベント
三大魔法学校対抗試合の開催が決定した。
炎のゴブレットが各校の代表選手を選び出す中、
17歳以上のみ参加と決められていたのに立候補すらしていない
14歳のハリーがなぜか代表の一人に選ばれてしまう。
ハリーは、ドラゴン、水魔、心を惑わす生きた迷宮などの試練に挑み、その裏に潜むヴォルデモートの存在を感じながら、やがて自らの因縁と向かい合い挑んで行くのだった。

hari3.jpghari4.jpg


(感想)

さすがに、ハリーポッター面白かったです。
ソツの無い出来で、時間が短かく感じました。
3人とも、大きくなって~←おばさんが言うような台詞(汗)

それぞれ、初恋?を経験するのですが、初恋と言うには
あまりにも、あっけない感じでした。
ロンの場合は、ハーマイオニーが気になってダンス
どこでは無かったみたいですが。
ヤキモチから意地悪言ってました。
さっさと、告白してしまえば良いのに。
でも、そうやって成長して行くのでしょうね。
ダンスパーティーで、ロンのスーツ、フリルがいっぱい
昔の貴族みたいでカワイイは。

三大魔法校って、男子校、女子校、共学校
それぞれ、代表1人って女子校は可哀相じゃない?
女の子は体力的に負けちゃうよね絶対。
戦う場合は、ハンデつけてあげなきゃ不公平だと・・。

最後の迷宮でヴォルデモートと戦います。やっぱり強い!
14歳のハリーでは無理だ・・両親の力が無かったら危なかった
ドラコのパパも、やっぱり仲間だったんですね。

ヴォルでモート復活したんですが、あれ~鼻が低い(笑)
鼻の穴しか見えてない・・怖いんだか不細工なんだか不明
色は悪いけど、手は綺麗でした・・細くて、長くて

変な所ばっかり記憶に残っちゃって
膨大な内容を、短い時間に詰め込んであるので全部覚えているのに
鮮明な印象が残ってないんです。
時間が足りなかった・・・面白かったのに、もったいないなぁ。

ところで、このシリーズいつまで、続くでしょうか? 素朴な疑問。

■自己中評価 stars-4-5.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。