大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年04月20日 (木) | 編集 |
20060420123347.jpg


2005年作品

突然、立方体(キューブ)の中で目覚め、ここは、何処なのか?
どうしてココに居るのか?・・ここに来る以前の記憶が無い数人
の男女が命賭で脱出しようと試みる映画です。

ZEROでは、親子で拉致され連れて来られた母親が何故か1人だけ
子供の記憶、拉致された時の状況を覚えています。
その母親に興味を示し、助けようと巻き込まれて行く監視員達。
それを又、モニターしている本当の首謀者。
その監視員の1人から、キューブの全貌が明らかにされて
行きます。

トラップルームで1人、又1人罠に掛かって行き、最後生き残った
男女2人は、無事キューブの外に出られるのか・・・。

(感想)

今回、ファイナルと云う事でレンタルして来ました。
最初の場面から、罠にはまった人間が溶けます・・いきなりです。

あんまり、前作と変わりが無い内容ですね。
被験者達をモニターしている監視員達も被験者だった事と
首謀者の目がキラキラ、輝いていた事だけ記憶してます。
あのオジサン絶対Sだと思います。(汗)
人が死ぬのを楽しんでました。

全貌が明らかになると有りますが、何も明らかになってません。
ただ、部屋数がいくつで、何故、被験者になってしまったのか。程度

この実験は、何の為に繰り返されているのか、どうゆう組織が
やっているのか・・・その辺を知りたかった。

色々考えると、この物語は実験では無く、タダの虐殺ゲーム
だったのでは無いかと感じます。
それをファイナルで伝えたかったのだろうか?
深読みしずぎですかね(汗)

私が思うに、最初のキューブでストーリーは完結してしまった
ような・・サバン系の男性が1人だけキューブから脱出し
助かりますが、彼にはキューブから出た喜びなど無かった。
虚無だけ・・それがキューブの本質だったと思うのですが

その後、「2」「ZERO」と続きますが、内容に組織とか他の登場人物
とか入った来た時点で既にキューブは娯楽作になってしまった
気がします。残念です。

ただ、トラップルームは相変わらず凄いですよ。
色々な仕掛けがしてあって、ドキドキします。
ZEROだけ見ても、内容は充分に分かりますし楽しめると思います。
多分




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

余談ではありますが、明日はハリーポッターの
発売&レンタル開始日ですね~でも無理でしょうね
レンタルはいつの事になるのやら。

も少し、多目に本数入れてくれ~・・ひとり言でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。