大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年04月13日 (木) | 編集 |
cabin01.jpg

2002年作品

大学生5人組が休みを利用して田舎のキャビンに一週間の予定で
泊まりに出かけます。
それぞれ、休みを満喫していたのですが、森の中で体がドロドロに
溶ける奇病の浮浪者に助けを求められて、あまりの恐怖に浮浪者に
火を着けてしまい、その浮浪者は貯水池で息絶えてしまいます。
貯水池の水は飲料水として使われている水で・・・・・。
そこから、奇病が蔓延して行くと言う展開です。

(感想)
ドロドロのホラーです
内容的には、ザツさが目立ちます。
奇病が、どんなウィスルなのか?どこから、浮浪者に感染したのか?
そうゆう重要な事には、一切触れてません。

ただ、ドロドロで溶けていく人間の姿は、凄い気持ち悪くてゾーッと
しますが、あまりにも画像だけに凝りすぎて、肝心の物語の内容が
印象に残りません。

ホラーに物語りは必要無いのかもしれませんが・あんまりかと(汗)
内容無しの為に、エンディングも中途半端な終わりかたですね~。

画像的には、かなり凄いです・ただ、ただドロドロに撤してる映画です。

内容無視の画像のみ。ここまで撤すれば逆に監督さん偉いかも


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。