大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »03
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年10月17日 (土) | 編集 |
anata1.jpg

■2009/10/9日~公開中  ■アメリカ制作  ■110分

■監督 ・ニック・カサヴェテス

■出演
キャメロン・ディアス/ソフィア・ヴァジリーヴァ/アビゲイル・ブレスリン
エヴァン・エリングソン/ジェイソン・パトリック/アレックス・ボールドウィン

■あらすじ■
11歳の少女アナは、白血病の姉に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によってこの世に生まれた。母サラは愛する家族のためなら当然と信じ、アナはこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきた。そんなある日、「もうケイトのために手術を受けるのは嫌。私の体は、自分で守りたい」と、アナは突然、両親を相手に訴訟を起こす。しかし、その決断にはある隠された理由があった…。

anata2.jpg
anata3.jpg
anata4.jpg

■かんそう■
自然と涙が溢れてしまって止まらなくなり、鼻水ズルズル垂らしっぱなしでした。

夕焼けの海でのケイトの表情の穏やかさ
そして母サラが最後泣き崩れた場面では、もう涙マックス状態。

愛する姉ケイトを救いたい・・・それだけで生きてきた母親。
見守る父親、そして姉中心で犠牲を強いられて来た、妹と長男。

3人の子供達、胸が苦しくなるくらい優しくて
与えられなくても、奪われても、そこにはお互いへの思いやりが溢れてる。

ケイトとテイラーの一時の幸せ・・・儚くも美しかった。

母の気持ちも、充分過ぎるほど分かるし愛です。

この映画、病気で苦しむ娘の悲しみと共に
母親に「受け入れる」その気持ちを理解し前向きに生きて欲しい
と願う家族の物語だった気します。

親が思うほど、子供は幼くは無くて、大人なんだと思えました。

最後まで、笑顔を絶やさなかったケイト・・・テイラーと再会出来る事祈ります。

一言、テイラー君、眉と髪有ったら、なかなか男前だと思うなぁ。

私の好き度 stars-4-5.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

スポンサーサイト

2009年10月09日 (金) | 編集 |
max1.jpg

■2009/10/9日~公開中  ■アメリカ制作  ■107分

■監督 ・シャスティン・リン

■出演
ヴィン・ディーゼル/ポール・ウォーカー/ミシェル・ロドリゲス/ジョーダナ・ブリュースター

■あらすじ■
ロスから南米に逃亡した凄腕ドライバーのドミニクは、恋人・レティや仲間と共に輸送車からの現金強奪を繰り返していた。だが捜査の手が迫り、レティの身を案じたドミニクは姿を消す。その数年後、ドミニクのもとに衝撃的な知らせが…。そして彼はロスへと向かう。 一方、凶悪な麻薬組織のボスを追うFBI捜査官・ブライアンは、ドミニクが戻って来たという情報を耳にする。


■かんそう■
ヒェェェ~、もう何から何まで格好いい!!
登場人物、レース、曲、そして仲間の絆。 

初っぱなから、タンクローリー襲撃で、大迫力スピード感。
坂道が迫ったシーンではジェットコースターに乗ってる気分

ミッシェルさん、さすが肉体派女優・・アクションスゲーです。

ヴィン兄さんも、クールで格好いいし、ポールが画面に映った瞬間
格好良すぎて気失いそうでした(笑)

内容的にも、レティって意外と悪い女なの?と思ってたら
ドミニクの為、我が身を危険にさらした一途な女性で切ない。

ド派手なだけで無く、男女間の愛情の深さ、男同士の友情なども
盛り込まれてて最後まで大音響&スピード感と共に酔いしれました。

またね、最後も粋なんだ。やっぱ、ブライアンはFBIの異端児なんだよね
規則尽くめの組織には収まりきれないし、車に囲まれた時のドミニクの呆れ笑いが
仲間達との信頼関係を物語ってて熱い物を感じられ痺れました。

一言、トンネル内でのカーチェイスが早すぎて良く分からなかったのが心残り。

私の好き度 stars-4-5.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年05月07日 (木) | 編集 |
raise1.jpg

■2009/4/29日DVD発売  ■アメリカ制作  ■128分

■監督 ・リドリー・スコット

■出演
レオナルド・ディカプリオ / ラッセル・クロウ / マーク・ストロング / ゴルシフテ・ファラハニ

■あらすじ■
CIAの中でも、最高の腕をもつ工作員ロジャー・フェリス。中東からワシントンまで世界を駆け回っている彼の命運を握るのは、安全なアメリカから電話で指示を出す、冷徹なベテランCIA局員エド・ホフマンだ。彼らは、地球規模の爆弾テロを画策するテロ組織リーダー、アル・サリームを追いかけていた。時には身内にまで嘘をつきながら、熾烈な頭脳戦で情報をかき集めていくロジャーとエドは、ついに大きな賭けに出る…!!

rais2.jpg
rais3.jpg
rais4.jpg

■かんそう■
ラッセルさん、太めで老けたオッサン! 役者さんは化けますねぇ。

衛星からの映像はリアルだし、緊迫感も有りました。
ロジャーの拷問指潰しも、ウヘェ~痛そう! 激痛度合いが伝わります。

が、エドの主導権を握ろうとする行動がロジャーを危険にさらすやら
ロジャーも、つけ込まれるの予想できるのに、現地の女性に好意を寄せ接触するやら

安らぎが欲しかったの分かりますが、自ら災難を招いてるようにしか
ちょっと、展開が不自然だったように感じました。

ヨルダンの局長、渋かったなぁ。冷静沈着で威圧感有り。
ロジャーもエドも、彼の懐の中で、右往左往してただけだったような

CIAよりも中東ではベテランで上手行ってるって事ですかね

128分間、楽しませてくれるし飽きません。 さすがに大作だと思います。

しかし、どうも見終わった後の印象が薄め
こおゆう映画を見慣れてしまったせいなのか? 内容のせいなのか?

私の好き度 stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年03月31日 (火) | 編集 |
wai11.jpg wai1.jpg

■2009/3/27日DVD発売  ■ドイツ/アメリカ制作 ■122分

■監督 ・ウェイン・クラマー

■出演
ポール・ウォーカー / キャメロン・ブライト / ヴェラ・ファーミガ

■あらすじ■
イタリアン・マフィアに所属するジョーイは警官殺しに使用された銃の後始末を頼まれ、自宅の地下室に隠した。しかし隣家に住む息子ニッキーの友人オレグがその銃を盗み、虐待を続ける父親ユゴルスキーを撃ってしまう。ユゴルスキーは急速に勢力を伸ばすロシアン・マフィアのボスの親戚で、銃の出所が知られたら大変なことになる。ジョーイは銃を持ったまま姿を消したオレグの追跡を開始するが……。

wai2.jpg
wai3.jpg

■かんそう■
タランティーノ絶賛のバイオレンスアクション映画です・・・。
それ以前に、男前のポール・ウォーカー主演と言う事で、目の保養にもなります。アハハ

イタリアン&ロシアンマフィア、警察そして変態夫婦・・様々な奴らから狙われる
少年を守ろうとする男ですが、珍しくチンピラ役を演じてます。

多くの敵が存在するので、矢継ぎ早に危険回避するアクションの連続で
122分間、飽きる暇が有りませんでした。

子供が絡むと、話がマイルドになりがちなんですが
武器が拳銃なんで子供でも簡単に撃てる・・・甘さ控えめクールです。

他の人物達も個性的で良い味だしてて、マフィアのボス同士の戦いは何故か笑えた
少年オレグの虐待オヤジも、最後に男らしさ父親らしさ見せてくれました。

変態夫婦の車に・・って偶然が若干強引な気はしますが
最後にアリガチながらも、予想だにしてなかった展開も待ってたりして
泥臭さの中に、格好良さ盛り込まれ楽しめました。

私の好き度 ★★★★

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年03月27日 (金) | 編集 |
war2.jpg war1.jpg

■2009/3/20日~公開中  ■アメリカ・ドイツ  ■120分

■監督 ・ブライアン・シンガー

■出演
トム・クルーズ/ケネス・ブラナー/ビル・ナイ/トム・ウィルキンソン/カリス・ファン・ハウテン

■あらすじ■
第二次世界大戦下のドイツ。アフリカ戦線で左目を負傷したシュタウフェンベルク大佐は、“良心”と“忠誠心”の葛藤に悩んだ末、祖国の平和のためにヒトラー暗殺を考えるようになる。やがて画期的な暗殺計画≪ワルキューレ作戦≫を立案し、トレスコウ少将やオルブリヒト将軍ら、同志と着々と準備を進めていく―。そして、決行の1944年7月20日を迎えた。ヒトラーとその護衛たちを前に、大佐たちは計画を成功させられるのか…。

■かんそう■
実際の、暗殺事件をサスペンスタッチで描いて有り見やすかった。
トムちんのイメージから、勝手にアクション映画かと思ってましたが

派手さは無いのですが、計画実行に移ったとたんハラハラ緊張感みなぎり
その行方に、目が離せず引き込まれてしまいます。

良心と言う名の元、集まる人々・・・一枚岩のようで迷いも存在する

その辺の心理描写も読み取れました。大罪犯すわけで、当然ですし
政治的な思惑も入り乱れながら、大佐を中心に遂行される反逆行為

想定外の状況になっても、今やらなければならない・・・決意が伝わる。

暗殺計画がメインの為、物語に少し深みが足りなかった気はしますが
自分達が、やろうとした事に誇りを持ち、言い訳する事も無く
立ち向かった彼らの志の高さが、心に響き見応えありました。

一言、最後、大佐をカバイ先に撃たれた部下の気持ちを酌み取ると
胸に熱いモノが込み上げて来て、又泣いちまったよぉ。

私の好き度 stars-4-0.gifstars-4-5.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2007年02月25日 (日) | 編集 |
senta3.jpg

■2007/2/23日DVD発売 ■アメリカ制作 ■129分

■監督 ・オリバー・ストーン

■出演
・ニコラス・ケイジ(ジョン)
・マイケル・ぺーニャ(ウィル)
・マリア・ベロ(ドナ)
・マギー・ギレンホール(アリソン)

■あらすじ■
2001/9/11日、テロリストにハイジャックされた旅客機2機が、世界貿易センタービルに激突。港湾局警察の、ジョン・マクローリン巡査部長とヒメラ警官らが、救助に駆けつけるが、ビル全体が崩落。彼らは、瓦礫の下敷きとなり、身動きができなくなる。

■かんそう■
助け出された、2人の警官&家族・・関係者の証言を元に映画化。
実話だと言う事で、派手さなど一切無く、進行します。

瓦礫の中で、励まし合い、必死に生きようと努力する2人
生きて帰って欲しい・・・待つだけしか無い、もどかしさの中
それだけを願ってる家族。これは、万国共通・・国や人種は関係ない。

senta2.jpg

2人と助けようとする仲間、そして、何かに、突き動かされるように
単独で救助に向かう人々。

それぞれの、戦いが、想いが、描かれているので、涙誘う映画
ではなかったですが・・実話に、特別な出来事とか望みません。

ただ、描かれ方が、やはりドマラチック過ぎる。
もちろん、彼らの勇気と努力は、充分に伝わって来ます。
求出時には、私も嬉しかったし、良く頑張ったね・・と

senta4.jpg

しかし、取り残され、瓦礫の下で、最後を向かえた、方達の事が
頭をよぎり、逆に辛くなったのも確かです。
911、題材映画は、一部分だけ取り上げても、無理を感じます。

遺体さえ、探して貰えなかった、犠牲者家族の心は?
こんな事を考える方が、オカシイのかもしれませんが・・。

senta5.jpg

2人が諦めかけた時、キリストが水差し出す妄想・・・・。
実際、2人の意識の中に、そんなドラマ有ったのだろうか?
そんなレベルでは無かったはず・・死闘だったと思うよ。

有名俳優が演じてると、どうしてもリアルさを感じ取れず
娯楽作と錯覚してしまいました。
脚色された部分、結構有ったのかなぁ~

この映画、全世界で起こる、天災&事故のビル崩落からの救出劇と
して見れば、訳分からない事、思わず素直に見れたのかもしれません。

こおゆう映画は、評価出すべき物では無いと思うので・・。

参加中です↓ <(_"_)>ペコッ

人気blogランキング

くつろぐランキング





2006年12月28日 (木) | 編集 |
to1.jpg

■2006/12/22日DVD発売 ■アメリカ制作 ■104分

■監督 ・ジャスティン・リン

■出演
・ルーカス・ブラック(ショーン)
・ブライアン・ティー(DK)
・サン・カン(ハン)
・ナタリー・ケリー(ニーラ)
・バウ・ワウ(トゥインク)

■あらすじ■
カリフォルニアに暮らす高校生ショーンは、同じ学校のアメフト部の花形選手に因縁を付けられ、彼との派手なカーレースの末に大事故を起こし、警察に補導されてしまう。ショーンは、これまでにも、騒ぎを起こし補導され、少年院入りを見逃してもらう代わりに街を追い出されては、そのたびに母親と一緒に各地を転々としていた。しかし、母親がついに愛想を尽かし、ショーンに一人でどこかに引っ越すよう告げる。ショーンは、東京の米軍基地に勤務する軍人の父を頼って日本の高校に転校することになる。

■かんそう■
ん~ん~、ティーン向けの話になってましたぁ~!
ドリフト&疾走シーンは、カッコイイし、迫力満点、見応え充分。

が・・内容がねぇ~・・・何処にあんな、溜まり場が存在するんだ
映画に、現実的な事を求めるのは酷だが、あまりにも
非現実過ぎて、大人には付いて行けない世界だった。

ショーンが日本に来て、いきなり詰め襟学生服着せられ
「上履き」覚えさせられる所とか笑えたのですが・・(o^^o)
高校生なのに、ヤクザとレースだよ・・嘘だぁ~!!

to4.jpg to3.jpg

俳優陣も、東洋系だけど日本人、何人居たの?
ブッキーは「ゴー!」千葉さんは「純白スーツ姿の叔父貴」・・にゃに??
あの仲間の女の子は日本人よね?

ハンは、格好良かったな!・・何かズート食ってたけど(-^□^-)
クールで男前だった・・。
DKは、正面から見たら、凄みを感じたが、横から見たら私より
鼻が低くて、親近感湧いた←湧いてどうする=恐くない笑えた。

to2.jpg

この映画、レースシーンは、凄いスピード感、感じて
爽快!・・・・車の場面は、リアルでハイレベル・・凄い!
クラッシュシーンなんかも、見応え有ったはぁ~。

しかし、物語には・・リアルのカケラもニャイ・・( ̄~ ̄) 
だってぇ~、DKに銃突き付けられた息子を助けるのに、パパも
銃構えてんのよ、町のど真ん中で・・これは、どうにもオバカ過ぎる

何で、こんな話にしちゃったのぉ~監督さん!
このシリーズ好きだったのに、無念でならない

ラストで、1分くらいしか出演しなかった、元祖メンバーの1人
あれだけの時間で、美味しい所、全部独り占め・・存在感が違う!

★★★←甘め評価。

参加中です↓ <(_"_)>ペコッ

人気blogランキング

くつろぐランキング





2006年06月15日 (木) | 編集 |
高校教師サムは、教え子をレイプした罪で訴えられるが、
実は彼に恨みを抱く教え子ケリーとスージーの
陰謀ではないかとの見方も出てき、たちまちスキャンダル
な話題となっていく。
やがてサムには無罪の判決が下り、多額の示談金をせしめるのだが
事件に疑問を抱いた刑事のレイは独自に捜査を開始する…。

waild001.jpg■2003/10月DVD発売

■アメリカ制作

■監督 ・ジョン・マクノートン

■出演
・ケビン・ベーコン
・マット・ディロン
・ネーブ・キャンベル
・デニース・リチャーズ




[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。