大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年01月23日 (日) | 編集 |
i2.jpg

■2010年10月22日DVD発売  ■アメリカ制作  ■124分

■監督 ・ジョン・ファヴロー

■出演
ロバート・ダウニー・jr / グウィネス・バルトロー / ドン・チードル / ミッキー・ローク 
スカーレット・ヨハンソン / サミュエル・L・ジャクソン

■あらすじ■
自らがアイアンマンであることを明かしたトニーであったが、彼の勝手なヒーロー行為は問題視され、国からスーツの受け渡しを命じられる。そのニュースを憎悪に満ちた目で見つめる男ウィップラッシュは、一撃で金属を真っ二つにする武器を身に付けトニーの前に現れる。一方、謎の美女ブラック・ウィドーも出現。正体を明かしたトニーの前に、次々と危機が迫る……。


■かんそう■
今頃アイアンマン感想・・つーのもどうかと思うが、サボリ中に見たので書とこっと。

漫画ヒーロー物あまり得意では無いのですが、アイアンマンは好き。

自分に特殊能力なる物があり、それゆえに苦悩する・・がパターンぽい中
トニーには、重たい苦悩を感じられない

命の危機にも、表に出さず何時も前向き。望みを捨てないタフで大人の男だね。

本人は、人助けのつもりだが、結局豪快痛快にブッ壊してて豪快爽快大娯楽作。

漫画を知らないので、ミッキーさんが恨みメラメラなの深く理解できないし
お話の細かい部分は、大雑把でしたが

最初から最後まで、猛烈なスピードで飛び回り突っ走る・・。

若い者には負けないぞ! 中年ヒーローの勢いを感じられて
アッと言うまに見終わっちゃいました。

私の好き度ico_grade5_4.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

スポンサーサイト

2011年01月15日 (土) | 編集 |
purede.jpg

■2010年11月17日発売 ■アメリカ制作 ■107分

■監督 ・二ムロット・アーントル

■出演
エイドリアン・ブロディ/ ローレンス・バーン/ アリシー・ブラガ/ ダニー・トレホ

■あらすじ■
それぞれ異なる戦術を備えた一流の殺し屋たちが、ある地球外生命体によって理由も分からぬまま惑星に集められた。傭兵、殺し屋、特殊工作員など、まさに全員が"最強の人類"と言える戦闘のエリートであり冷血な殺人鬼たち。しかし、実は彼ら自身がその地球外生命体=プレデターの獲物だったのだ。


■かんそう■
あんまり期待してなかったのですが、それなりに楽しめました。

ジャングルで突然目覚め、違う惑星だったら呆然としますねぇ~地球に帰りたい!
私だったら、直ぐに諦めてしまいそうですが、筋金入りのメンツ達は「生きる」の本能で
戦っていきます。

プレデターだけが敵では無く、人間同士の戦いや絆など描かれてました。
ヤクザの兄さん、男らしくてカッチョ良かった

プレデター達も、悪い奴、良い奴?いや、強者と弱者かな? が居て新鮮な感じ
強い方、悪そうな顔してるんだ^^;

プレデターがメインキャラだとは思えませんが、刀勝負には飛び道具など使わず
正々堂々と戦う姿、イメージ崩さないのわ、さすがです。

しかし、ローレンスさんの役所と言ったら・・トホホだけど、あれも「生きる」の1方法かもしれません。

私の好き度 ico_grade5_3.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2010年01月15日 (金) | 編集 |
ab1.jpg

■2009/12月/23日~公開中  ■アメリカ制作  ■162分

■監督 ・ジェームズ・キャメロン

■出演
サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/シガーニー・ウィーヴァー/ミシェル・ロドリゲス

■あらすじ■
元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される“アバター・プログラム”への参加を要請された。パンドラ人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、息をのむほどに美しいその星に入り込むことができるのだ。そこで様ざまな発見と思いがけない愛を経験した彼は、やがて一つの文明を救うための戦いに身を投じていく…。

■かんそう■
残念ながら、2D鑑賞なので3Dとの違いは分かりません。
何処が飛び出したんだろうなぁ~。

年末になると、色々様々な映像超大作が公開されますが、アバターは一味違いました。
表現しにくいのですが、新しい感覚を覚えると言うか

もちろん、パンドラの映像は目がくらむ程美しい!
宇宙の何処かに存在してるかも。いや、地球の大昔があんなだったのかも・・なんて

動物狩しても感謝の祈りを捧げる青い人達。自然と共存してるんですね
今の私達が忘れてる気持ちが表現されてます。

穏やかに暮らしてる彼らを、エゴで破壊侵略しようとしてる人間に腹が立ってしまって
今までとは違う視点から描いて有るのも新鮮。人間は残酷な悪魔。現実そうかもしれないね

でもジェイクのように、パンドラを守りたいと思う人間はキット居ると思えるし
幻想的で、あまりにも美しいパンドラに時間忘れて酔いしれました。

一言、大佐がパンドラ住民は、肉体的に強靭で歯が立たないって言ってましたが
銃弾で絶命するのって強いの? 人間と同レベルで脆弱ですよね

私の好き度 stars-4-0.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年09月27日 (日) | 編集 |
men1.jpg

■2009/9/11日DVD発売  ■アメリカ制作  ■163分

■監督 ・ザック・スナイダー

■出演
マリン・アッカーマン/ビリー・タラダップ/マシュー・グード/カーラ・グギーノ
ジャッキー・アール・ヘンリー/ジェフリー・ディーン・モーガン/パトリック・ウィルソン

■あらすじ■
かつて世界で起きた数々の事件の陰で、<監視者>たちがいた。彼らは人々を見守ってきたヒーローであり、“ウォッチメン”と呼ばれていた。そして今、一人の男が暗殺されたことからすべては始まった。殺害現場に残された血が付いたスマイル・バッジ。被害者はウォッチメンだった。その事件を不審に思い、真相をかぎ回りはじめた“顔の無い謎の男”。彼が事件を追いかけていく先々で、かつてのヒーローが次々と命を狙われる。

■かんそう■
難しそう・・・先入観だけで、躊躇しちゃってて今頃鑑賞なんですが
明確な敵も存在しないし、爽快なヒーロー物とは違うのねぇ。

永い間、活躍してないから小汚いオッサンヒーローも多数
能力も、特別とは言い難くて鍛えた普通の人って感じ

マンハッタンなんか、最初宇宙人かと思ってましたよ(笑)

彼の、悲しみ、孤独感、そして未来。
美しく荘厳で深い苦悩だと想像するも台詞無しの瞑想タイムで少し中ダルミ。

ただ、最後の真相が深い。 ヒーローとは言え全能では無いし
かつて人々を救う為に共に闘ったメンバー達が
善か悪かで個々に苦渋の選択をする・・

あれが、あの時、最良の選択だったのか否かは分からないが
彼らは自分が思う善をそれぞれに貫き通した

万人受けするヒーローとは違うけど、生身の人間臭さ
そこに、親近感を憶えて予想してたより面白かったです。

私の好き度 ★★★★

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年07月14日 (火) | 編集 |
pura11.jpg

■2009/4/24日DVD発売  ■イギリスBBCテレビドラマ  ■監督 ・シラ・ウェア

■ゲート1 『太古への扉』   『恐怖の巨大クモ』 100分
■ゲート2 『海の怪物』     『ドードーの悲劇』 100分
■ゲート3 『空飛ぶ殺し屋』  『未知なる獣』 100分

■出演
・ダグラス・ヘンシャル(ニック)
・ジェームス・マレイ(スティーブン)
・アンドリュー・リー・ポッツ(コナー)
・ハンナ・スピアリット(アビー)
・ルーシー・ブラウン(クローディア)
・ベン・ミラー(ジェームズ)
・ジュリエット・オーブリー(ヘレン)

■あらすじ■
イギリスで謎の巨大生物が目撃され、動物学者のニックは現場が「ディーンの森」だと聞いて助手のスティーブンらと共に調査を始める。そこは、8年前妻ヘレンが行方不明になった場所だった。やがて、彼らの前に現れたのは、数億年前に絶滅したはずの恐竜と古代に通じる「時空の亀裂」だった

pura33.jpg
pura44.jpg
pura55.jpg

■かんそう■
今年の1月、NHK総合で放送され最終話しか見られずDVD旧落ち待って
1章6話を一気見したイギリスのヒットドラマです。

夏と言えば恐竜でしょ!・・・違う気もするけど

これがね~、毎話、陸、水中、空、虫と違う生物出演で、なかなか面白いのですよ

番組オリジナルの生物も居るようですが、結構時代に忠実なのかな?

映像は、いかにもCGって所も有るけど、ヘタな映画よりズート良い。
ドラマで、ここまでリアルならヒットするはずです。

映像だけでなく人間ドラマも面白く、恋いの駆け引き有り
裏切り有り、恐竜から逃げる緊張感も有りで、大人でも楽しめました。

最終話では未来の生物が登場し「亀裂」が多数存在し未知の
世界へと誘います・・が、亀裂行き来により現在に狂いが生じて来る。
そこから又お話は広がって行きます。

8月に1章再放送&2章がNHKで放送されます。是非どうぞ

■NHK「プライミーバル」ページへ

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。