大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年05月13日 (火) | 編集 |
buuu2.jpg  buuu1.jpg

■2007/11/22日DVD発売 ■アメリカ制作 ■93分

■監督 ・エリック・スティール

■あらすじ■
アメリカ西海岸、サンフランシスコに架かる全長2,790m、高さ230mのゴールデンゲート・ブリッジ。そこは観光名所であるとともに、世界有数の自殺の名所でもある。何故この美しい橋に自殺者が呼び寄せられた7つの実話。飛び降り自殺する人々をとらえ、世界中で論争を巻き起こした衝撃のドキュメンタリー。

■かんそう■
見たい・・・と思いつつ、あまりの題材の重さに手が出てなかった作品です。
退屈とか茶化す、と言うレベルの映画では無かった。

この赤く美しい橋は、「X-MENファイナル」でマグニートが動かした橋ですねぇ。

車や人が行き交い、人生を楽しみ謳歌してる沢山の人達の脇で
人が簡単に落ちるのですよ・・・・映像だけ見てると作り物のような無機質さで
後で、考えると見てはイケナイものを見てしまったような

同じ場所に、喜びと苦しみが存在してる・・・何故こんな人目に付く白昼に?
自殺した方の家族や友人が、淡々と何故?かについて語っています。

が、この人達にも分からない・・これが、本音だと。
死を踏み止まった青年が語っていますが、支離滅裂・・選んだ彼自身にも心境は
理解できなし、説明できなのだと思います。

薬で、良くなる場合、逆に悪化する場合、自ら立ち直る場合、手助けを必要とする場合
人それぞれで、周りの人間が選択を誤ると解放の道を選んでしまう願望者。

この映画は、それを助けたいと言う、偽善的な作りでは無く事実を伝えたい
それだけだったと感じました。
風光明媚な、橋から飛び降りた時、彼&彼女達は、苦痛から解放され幸せ感じたのかなぁ?

永遠の謎です。 悲しいとも、辛いとも・・何も感じられない現実を見てしまった
と思うと同時に、やはり、重苦しく気が滅入ってしまいました。

好き度・・・ごめなんさい、計れません

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。